『マレーシア人の蔡さん。』

僕の

アルバイトをさせて貰っているレストランの厨房に

「蔡さん」というマレーシア人のお母さんがいる。

ふくよかで
底抜けに明るくて
まさに
「マレーシアの肝っ玉母ちゃん」。


鼻歌も豪快。

今、ドラマでやってる

名曲「サマーヌード」の

「はしゃーぎ過ぎてるー♪
夏の子供さー♪」

の部分を

ドラマを見たからか?何なのか?

「かわいそーな、おんなー♪
めんどくさいーおとこー♪」



激烈に聞き間違える。

僕が割とテキパキ仕事をしていると…
近寄ってきて

「アナタ、アタマイイ

デモ

カオワルイ。」

やかましいわ!

という

どこで覚えたか?スタンダードなイジリをしてくる程、親しい。

でも

もう3年位の付き合いになるのだが

一向に僕の名前を覚えてくれない。

僕を呼ぶ時は

いつも

「メガネー」…

甲高い声で

「メガネー!」

業を煮やした僕は

「メガネじゃねーよ!まこと!わたし、なまえ、ま・こ・と!」



半分

片言で

ハッキリと名前を教えた。

すると

蔡さんは

「オー!アナタ、ナマエ、オトコねー」

そんな訳ねーだろ!確かに俺は男だけど日本の何処に「植田男」って名付ける親がいんだよ!よくよく考えてみろ!



僕がまくし立てると

蔡さんは

サマーヌードの曲調に載せて

「オー!めんどくさいー、めがねー♪
かわいそーな、わたしー♪」

と受け流した。



相手が一枚上手だった。


嗚呼、毎日たのしい。