『サカモからのメール。』

ぼくは

茨城県鹿嶋市で育った。

お世辞にも

柄が良いとは言えない。

マンガに出てくるような

不良が

大勢いたりする。

そんな

地元に

同級生(35歳)で

小学生から友達の

「サカモ」という男がいる。

「サカモ」は

180センチ100キロの大男で

仕事は
土建屋の偉いさんだ。

ぼくは

「サカモ」や地元の仲間とは

メールアドレスは交換していない。

理由は

「サカモ」が

「大の男がチマチマ、メールなんてするもんじゃねぇっーぺよ。なんかあったら電話すりゃいいべ。んで、よっぽとの事があったら、ショートメールすりゃいいべ。」



実に

男らしい言葉に感銘を受けたからだ。










そんな

「サカモ」から

昨日

ショートメールが来た。

余程の事だと思った。




その内容に愕然とした。











その内容がコチラ…





【いきなりすまん。あれさぁ高校でもいっしょだった〜大野中のかもちゃんって、ヤンキーだったよね?】













大の男が

茨城県にいる男が
茨城県にいる男の事を

東京都にいる僕に

ヤンキーだったか?

ヤンキーじゃなかったか?


ショートメール



使って尋ねて来たのだ。







余程の事だった。





僕は

【ガッツリヤンキーじゃなかったけど、ケンカッ早かったよ!】



返した。






35歳の男のやりとり。