『ぼくと二郎さんの10 年戦争。』

  • 植田誠(うえはまだ) 公式ブログ/『ぼくと二郎さんの10 年戦争。』 画像1
ぼくと

チャーミング二郎さんの

お話をしようと思います。

ぼくと二郎さんの出会いは今から約10年前に遡る…。

当時、僕は、相方の浜田と

「うえはまだ」というコンビ名ではなく

「テンカウント」というコンビ名で活動していた。

活動と言っても

今と何ら変わる事なく。

ひたすらライブに出ていた。

そんなたくさんあるライブの中でも

とりわけビッグイベントだったのが

「アヒル」

というライブだった。

「アヒル」は

「コメプッシュ」という当時の爆笑オンエアバトルのスターの方々が出演していたオールスターライブの前座的ライブであった。

前座と言っても

「コメプッシュ」と同じ
目黒区民センターで開催され

音響・照明は超一流。

テレビに全く出た事のない駆け出しの若手芸人が
胸元にピンマイクを付けさせて貰って

500人のお客様の前でネタを披露でき

MCは後のR―1チャンピオン

あべこうじさん

今の1〜2年目の芸人に
この様な舞台があるのだろうか?

それはそれは贅沢な舞台が用意されていたのだ。

そんな夢舞台に初めて出させて頂いた時に

ぼくは

二郎さんと出会った。







昼12時

目黒区民センターに入る…
一番下っ端の

僕らは片っ端から

ご挨拶させて頂きに廻る。

受付

楽屋

音響ブース

舞台袖

の順番に廻った…

そして

舞台に

「漢(おとこ)」

は、いた…

舞台に

「漢」

は、涅槃(ねはん)のポーズをとっていた…

つまり

寝そべっていた…

これから

皆が

芸をする

大事な

大事な

舞台に

ジュースを

横に置いて

寝そべっていた…。



僕は


引いた…。


でも


寝そべっている=大御所


だとも思った。


でも

その大御所は見たことがなかった

けど

寝そべっている=未確認大御所

だと思い

近付いて

挨拶をさせて頂いた…










「おはようございますっ!」

最敬礼で鼻が膝に付くんじゃないか?という位に

立位体前屈ばりに

おじぎをした


涅槃のポーズの未確認大御所の漢は

チラッと

こっちを一瞥し












「ちっ」



舌打ちをした…。

一瞬

ぼくは

「え?」



何が起きたのか分からなかった…

信じられなかった


しかし

よく考えてみても

間違いなく

その

涅槃のポーズの未確認大御所の漢



白目を剥きながら

「ちっ」



舌打ちをしたのだ。

僕は
















メラッ


とした…(つづく)