『ちんどんや。』


終電間際の電車の中。

5、6人の若い男女が
大声で
財布からカードを出して
勝ち負けを競っている。

しかし

ごく一般的に人気がある
「遊戯王」的な感じでは、ない。

出すカードが
普通のカードなのだ。




「じゃあ、まずは!
【○○歯科医院】!」


「そうきたかー!
じゃあ、こっちは
【◇◆ファイナンス】!」


「うーん…
もう!これしかない!
【◎×△銀行】!」











気狂いですよ。

普通に財布に入ってる
診察券やら銀行のATMのカードを
大の大人が奇声を発してる…

世紀末ですよ。
今世紀、
始まったばかりだけど。











でも、待てよ。

…と

やたらと

他の乗客にアピールし過ぎだろ。

「レンタル■※▽!」

で、どや顔。






ピーン!と来ましたよ。




こりゃCMだ…と。







カードに書いてある企業名を
大声で乗客にアピールする新しい形のCMなのだ。





そうなのだ。

そうであれば合点が行く。



ちんどんや…だ。



その昔


ラッパやアコーディオンをかき鳴らしチラシを配り
街を練り歩いた
ちんどんやが
時空を越え
形と手段を変え
現代に甦ったのだ。





今日の終わりに

ちんどんやに出会った。










ちんどんやじゃなければ










狂気の沙汰だ。

でも、

やたら
奴等が財布から出す
カードは
病院の診察券が多かった。
最終的に
「【国民健康保険】!」
って
保険証だしてたからな…


企業には勤めてないと…






うん
こりゃ、お薬系だな。