☆〜雪降る月野夜〜☆其の四





こんばんわ!月野魅邑です。今日は月がとっても綺麗。さっき、
よく行く公園でぼぉ〜っとしてたんだけど、寒くなったりました
よねぇ・・。てか・・・(ーー;)夏は蚊で、行けないし、この時期
はカメムシで臭いしで・・・もぉ〜イヤ(つд・)

今日は今朝に続き、"雪降る月の夜"の後半です。

私の体に起きた変化・・・・この日は12月24日そう、
私の誕生日(=´∇`=)♪覚えてくれたかなぁ〜かなぁ?w

この日はめちゃめちゃ朝から雪が降ってたの。山形の鶴岡
ってところは、この時まだ雪が降るとすぐに積もってネ?
除雪車が通ると、家の半分が雪で見えなくなるくらいだっ
たんだヨw

そんなクリスマスイヴにネ・・珍しく、朝から両親が優しい
・・生まれてこの方、文句を言いながらしてくれることとか
は、たまぁにあったけど、ほとんどしてもらった覚えが無い
・・婆ちゃんはよくおんぶしてくれたり、抱っこしてくれた
けど、それでも毎日ではないし、すごく寂しい幼少期だった
気がする。

だけどネぇ!!その時だけは普通に、ママだったんだヨ?(//ω//)
すんごく優しくって、魅邑がずぅ〜っと思い描いてた、母親像
・・そう、絵本の中に出てくるようなお母さん。何か魔法でも
かかったみたいに・・。

魅邑は思ったネ・・・誕生日だから、神様が私にプレゼントし
てくれたんだって・・1日だけ・・・。きっとそうだと信じて、
素直に嬉しかった。

だけどネ?その魔法は夕方には解けちゃった・・・・。
私はママに、よく遊ぶ公園で、用事があるから、迎えに来る
までここで待ってるようにって言われてね・・うん!って言
って、信じて待ってた。いっぱい甘えられると思って。帰れ
ば皆が祝ってくれると思ってネ・・・誕生日なんて祝ってもら
った覚えないからぁ・・クリスマスと重なっちゃうし、一緒
にされたり、忘れられちゃうの・・・wwだからその日ばか
りはと思ったんだヨ・・子供心に・・。


その時は粉雪が降ってたんだけど、空には月が出てた。
だいぶまったけど、来る気配なくって・・友達はどんどん帰
っちゃうし、暗くなってくるし・・それでも来ると思って魅
邑待つしかなくって・・。そのうち、他の家からは、イヴに
クリスマスをやる家もあるから、家の中のカーテン越しの明
かりの中からは、楽しそうな家族団らんの声・・(ーー;)この
シュチュエーションって何かの絵本か!(こんな事を思って
はいなかったけどwまさにこんな感じ)って感じ・・・雪も
粉雪から大きくなってきて、ボタ雪になってた。

だけどね、月がとっても綺麗でネ、凄く優しかった。
だってネ?まるで魅邑が寂しくないようにあやしてくれてるよ
うだったし、暗いと怖いだろうからって照らしてくれてるよ
うだったんだもの・・。その時に見た幼い時に魅邑の目に映
ったのが、まさにTOPの画像のような感じでネ?未だに目に
焼きついてる映像なの・・・。