東日本大震災 復興支援 東北3県  新聞記事 ソラです 通じる愛

  • トリックマスターソラ バイオレット 公式ブログ/東日本大震災 復興支援 東北3県  新聞記事 ソラです 通じる愛 画像1
記事内容 




東日本大震災で被災者が暮らす 仮設住宅のつながりを強めようと、塩釜市のボランティア団体が活動している。

7月中旬からプロマジシャンと一緒に岩手 宮城 福島3県の仮設住宅を訪問 他の仮設住宅へ届ける

メッセージを集めては 配布し、約1ヶ月で 通算約 70ヶ所をまわった。




「悲しみや笑いを共有し、復興の力にしたい」




塩釜市の団体 「塩釜市民ボランティア希望」と 東京で活躍するマジシャン「トリックマスターソラ」さんは

10日午前、石巻市の仮設 大橋団地の集会所を訪ねた。




指輪が消える「魔法」や軽妙なトークで、ソラさんは、約40人が集まった会場を沸かせた




無職 渋○○子さんは「70」は 「本格的で楽しかった。また来て」と喜んだ。




ソラさんのステージ終了後、来場者は 色紙やDVDカメラに「石巻に来て」などとメッセージを添えた。




それらはボランティア団体の「希望」とソラさんが、その後 訪ねる仮設住宅にプレゼント。




大橋団地には「魔法の輪が広がるように」などと南三陸町の住民が書いた色紙を渡した。




希望とソラさんは7月11日に南相馬市の仮設住宅を皮切りに 宮古市 気仙沼市などを回り、




今月11日の女川町一通りの活動を終了した。




今回の活動昨年 8月、千葉県で開かれた復興支援コンサートで 希望の会沢純一郎代表と




ソラさんが知り合ったことが きっかけになった




ソラさんは、「仮設住宅はどこも同じような悩みがある。仮設住宅同士で力を合わせれば強くなれる」

と話す




希望は被災者約50人で活動する。 会沢代表は「被災者だからわかる支援をこれからも続けたい。




今後も仮設住宅同士の繋がりを 築いていく」と 強調している




写真の横タイトル

ソラさんの「魔法に」喜ぶ住民たち

プロマジシャンと協力

一ヶ月で70ヶ所 巡回




以上です。 




★★★ 

新聞社のみなさま報道のみなさま ありがとうございました




その他 宮古市や南三陸 気仙沼 福島などの 記事は 手にはいりしだいアップしますね




ほんと これだけじゃなく もっとたくさんの人が協力してくれたの




記事とかみると やりぬいたんだなって思う