それもまた小さな光

いま、読んでいる、小説。


それもまた小さな光


角田光代さん



半分くらいまで読んだよ。



胸が苦しいくらいに日常で。


小さい日常こそが、幸せの塊。


小さい日常だからさ、人は気づかずに過ごしているんだけど、それってよーく見ると、光ってる。


自分の気持ちがどうだとか、環境がどうだとか、そういう時になんないと、その小さい光は見えなくて。


見えたときには、心があったかいというか、何かじんわりするのに、目からは涙が出てくる。


途中まで読んで、既にそんな感覚を何度も感じています。


素敵な本だ。


結婚ということに理想を描いていない。


でも、結婚は優しいことなんだと、現実を持って知らしてくれてる。


誰かとこうして一緒になれるかもしれない・・というのは、とても怖くて、とても不可思議で、何より奇跡的なことなんだなと思う。



大人になると、体温に縛られていくなぁとここ最近は気づいている。


誰だって、触れたいし触れられたいよね。



もっと知りたいのだ、自分が会いたいと思える人たちを。


沢山お喋りして、沢山想い出を作っても、よくよく考えてみたら、横に居るこの人のことを、自分は何を知っているのだろう?と思うことがある。

そんな時は、切なくなるけれど、その分、愛しくもなるのだ。



言葉は大切。

会話が大切なんだなぁ。


会話で埋めれないところを、体温で埋めていくのが人間なのだなぁ。


自分の中に刻まれていく、日々のこと。


それもまた小さな光


に、なればいい。



今日思ったことを書き留めておこうと思いました。

 
  • コメント(全6件)
  • 。*゚αn。゚*。 
    8/4 06:37

    そうなんですよね...
    今普通に暮らせてる事が幸せな事ですが、それを幸せだなあと日々感じる事はないですもんね
    贅沢なのかな...
  • 月島 蛍. 
    8/4 07:21

    すごい

    もう戸田さん本だせるよ

    いっそう小説家デビューしちゃったら?
  • スヌーピィー 
    8/4 10:02

    角田光代さん、大学の時に講演を聞きに行きました


    いつもの日常、それはいくつもの奇跡が積み重なってるのかもしれないですね

  • 戸田彬弘 
    8/4 11:49

    anさん
    贅沢・・そうなのかなぁとか思います。
    でも、人はそういうものでいいとも思いますね
  • 戸田彬弘 
    8/4 11:49

    桜庭さ
    え??小説・・。書いてみたいなぁ。
  • 戸田彬弘 
    8/4 11:49

    スヌーピィーさん
    いいなぁ。お会いしたことないです。
    大好きな作家さんで・・
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)