ライジング・ドラゴン

  • ザ?マスター 公式ブログ/ライジング・ドラゴン 画像1
  • ザ?マスター 公式ブログ/ライジング・ドラゴン 画像2
  • ザ?マスター 公式ブログ/ライジング・ドラゴン 画像3
生アクションをするのは

これが最後!

と宣言しての

最終作!!


役名は「J.C.」、

仕事中はガムを掘り投げて食べる、

ヒロインは白人女性

・・・

もしかして

「サンダーアーム/龍兄虎弟」シリーズか?


このように、

ジャッキーは

何本かのシリーズものを

抱えている。


最後の生アクション作だったら

ご自身もベストワンと認める

「ポリス・ストーリー/香港国際警察」シリーズ

にして欲しかったなぁ〜!


予告編でも話題騒然の

全身ローラースケート

アクションが

いきなりオープニングだ!


プロレス技まで飛び出したぞ!

ジャッキー

絶対プロレス観てるでしょ?



最後は活火山上で

スカイダイビングしながらの

格闘!

予備のパラシュートも全て無くなったので、

新型フライングヒューマノイドで

山肌に不時着!

岩にぶつかり頭をぶつけ、

左膝はあらぬ方向へ折れ曲がり・・・。



最後は自己犠牲の精神を見せて

泣かせてくれる。



エンドロール時には

肉声引退メッセージが流れる。

恒例のNG集では

最近よくやるタネ明かしもしてるけど、

全身ローラースケートシーンは

本物だった!!!

しかも適役のスタントまで

こなしちゃって。


立川志らくさんは

「インディージョーンズのシーンだけ余計」

とおっしゃていました。

私も予告編で観た限りでは同感でしたが、

実際に本編観たら

意外と馴染んでいましたよ。

しかもあの丸太、

本当にみんなで乗って

転がしてましたよね。

さすがに海に落ちる瞬間は

マンガでしたが。


どれが本物の首像で

どれがレプリカの首像で、

何体まで確認されて・・・

そんな事はどうでも良いんです!

ストーリーを追う必要は全く無い!

ただただ驚いて、楽しめば良いんです!


物騒な重火器類もたくさん出たのに

誰も死なないところが

監督ジャッキーの

優しいところ。

・・・・・反戦メッセージかっ?!

うわっ、やられた。


生身のアクションスター、

ジャッキー、

大変お疲れさまでした!

長年のご功労に敬意を表して

100点!