TPP参加で、JA解体の危機。

  • ザ?マスター 公式ブログ/TPP参加で、JA解体の危機。 画像1
  • ザ?マスター 公式ブログ/TPP参加で、JA解体の危機。 画像2
  • ザ?マスター 公式ブログ/TPP参加で、JA解体の危機。 画像3
遂に首相が

「TPP交渉に参加する決断をした」

宣言の

原稿を読み上げた。


思い起こせば

私が議員時代だった頃、

「生協」系からだったろうか、

遺伝子組み換え食品に反対する理由を

述べられた

勉強資料をいただいて

(公的資料では無いので

ほとんどの議員は目を通していなかった)

拝見したところ、

とんでもない

事実にぶち当たったのだ。


「米国の農業生産者は

軍需産業モ○サ○ト

(私は民間人なので伏せ字にしておきます)



完全に乗っ取られ、

首をくくらなければならなくなった・・・」


衝撃を受けた私は

まず、

当時岩手県知事が率先して

進めていた

遺伝子組み換え稲の

実験を

即時止めるよう、

矢巾町で行われた

有権者との対話集会の席上、

直談判した。

ほどなくして

実験は

フェードアウトした。



今度はTPPである。

奴らの狙いの本丸は

ズバリ!

日本の農業、

しかも

日本のお米にあると

私は睨んでいた。

詳しくは

一昨年の

大予言イベントで

申し上げたので

省略しますが、

間違い無く

農家の皆さんは

やられちゃいます。

だからこそ、

JAいわてグループ



つい1時間程から

抗議行動を開始したのです。


どうか

政治家の先生方、

日本の農業生産者を

守って下さい。


誰の為のTPP参加なのか

今一度

考え直して下さい。