「レッド・ライト」(ネタバレ注意)

(思いっきりネタばらししてます。
まだ劇場へ足を運んでいない方は
ご注意下さい。)




バットマン・ハンター



エイリアン・ハンター



タッグを組んで

ディア・ハンター



闘う物語、

なんちゃって。


相変わらず

デ・ニーロ

凄過ぎ!

盲目で、

ユリ・ゲラー



デビッド・カッパーフィールド

辺りを

混ぜた

サイモン・シルバー

という

本当にいそうな

サイキック・エンターテイナー

という役所。



オープニングから

早速伏線張ってます。

キリアン扮するトムが

シガニー扮するマーガレット先生に

「寝てていいですよ。」

もう寝てるのに。


飛行機を降りようとする

サイモン・シルバー



「(何やってんの?)」

的な冷たい視線を浴びせる

機長(もしくは男性アテンダント)

の怪訝そうな表情。


今思うと

この2つのシーンで

全ては決まっていました。





今時

007かB級ホラーでしかやらないよっ!

てなオープニングクレジット

だったり、

トムの研究室に貼ってあるポスターが

ビリーマイヤー型UFOで

「I WANT TO UNDERSTAND」

だったり(笑)、

サイモン・シルバーの若き日の写真が

オウム麻原のパクリだったり、

超常現象肯定派対否定派のバトルは

観る者それぞれをホントに巻き込んで、

肯定派を応援したり、

否定派に傾いたり、


うぅ〜〜〜〜ん、

これは

「Xーファイル」の

劇場版第3弾なり!



かなり楽しませてもらった。




しかし・・・、

最後の最後、

そうきましたか・・・。

はぁ〜

ナイト・シャマラン監督が

「アンブレイカブル」



「エンゼル・ハート」

を元ネタにしたように。

これもまた一緒でした。

プロットの目新しさもあり、

すごぉ〜〜〜〜く

良い作品だけに

最後の最後で台無しです。




但し、

振り返ってみると

解決していない謎があります。


マーガレット先生は

若い頃、

サイモン・シルバーを

一瞬でも信じてしまった事。


本当に念写出来てしまうという

超能力を

サイモン・シルバーが

本当に持っている

という証しなのですね。

ま、

執拗なリサーチャー・スタッフ

を抱えてると言っちゃえば

元も子も無いですけどね。


で、結局

この監督さんは

バリバリの肯定派で

超能力は実在するっ!!

という結論。


ラストだけ残念で

75点