驚異の回復力

3週間ぶりの

レントゲン撮影。


さて、

遊離した

骨は



どこにいるのか・・?



リングドクターM先生が

驚きながら

苦笑い・・・

「さすが・・・

驚異の回復力ですね!!」


遊離して泳いでいた骨の破片は

自力で

角度を

絶妙に変えながら

肩甲骨に

くっつこうと

していた!!!!


そして

元の肩甲骨からも

その破片に向かって

くっつこう



白い線が

発生していた。


よって

リハビリ計画を

修正。


あと

1ヶ月は

安静に。


こうなったら

骨を

くっつけてやろうじゃないか!




前代未聞の

症例

確立まで

あと2ヶ月!!



私の死体は

冷凍保存すべき



感じた。


こんな身体でも

生きる事が出来るんだ

という事を

後世に伝えたい。



人間国宝まで

あと

30年・・・。