「アウトレイジ ビヨンド」

わたし的には

北野武師匠監督作品の中では、

「HANABI」以来の

傑作だと

思いますよ。


また、

記憶に残る作品

という観点からすると

武師匠作品の中では

ベストワンかもしれない。




前作「アウトレイジ」よりも

断然洗練されていて、

登場人物たちも

それぞれバッチリ

キャラが立っている。


特に

桐谷健太の

演技が良かった。


西田敏行さんの

存在感も

二重丸。





観賞後、

映画仲間のH様から

「スナイパー役の高橋克典が・・・」

とメールが。

全く気付かなかったので、

H様から以前いただいたパンフを

もう一度読み返してみると・・・

ホントだ!


高橋克典出てたんだぁ!

やたらと印象的なカメラワークは

その為だったんですねぇ。


それにしても

全く別人のような

高橋克典の演技と、

武師匠の手腕、

凄いですねぇ〜。


パート3へ展開可能な

のりしろを

残して

幕を閉じた。


80点