まさに同窓会

  • ザ?マスター 公式ブログ/まさに同窓会 画像1
  • ザ?マスター 公式ブログ/まさに同窓会 画像2
  • ザ?マスター 公式ブログ/まさに同窓会 画像3
いよいよ

レッスルリユニオン

当日を迎えた。


朝から

快晴!!!

もちろんプールサイドへ。

あれ?

ドラゲー選手は

誰もいないのか。

もう帰ったのかな?

プールサイドを

我が物顔でガッチリ占拠。

そしてジムで調整。

ライフ・フィットネス社の

最新式コーナーマルチクロスオーバープーリー

(何と液晶画面付き(ノ゚ο゚)ノ)



最新式リカンベントバイク

(何とTV・ラジオ・iPodコネクタ等々付き(><;))

で最終調整。

フィットネス先進国アメリカは

日本の10年先を

いっている。

追い付けないんだろうなぁ〜。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


13時半よりサイン会開始なので、

13時過ぎに主催者へ

挨拶・・・、

と、

いやいやいや

何でこんな物が?!?!

私の海賊版グッズの数々に

我が眼を疑い、

言葉を失う。


ピロト・スイシーダがいた!


私のドキュメンタリー映画の

監督さん、

カメラさんと合流。

「すぐに回して!!!」と。

監督、

失礼しました。


サイン会VIPエリアには

往年のスター達が

勢揃い!!!

マイク・タイソン(!!!)、

ザ・デストロイヤー、

ベイダー、

トミー・ドリーマー、

マンカインド、

ケヴィン・フォン・エリック、

ハリー・スミス、

カルロス・コロン・・・

等々。

サニーちゃんも

お顔を出しに来てくれた。

15年振りの再会に

ハグ。

「ハ〜イ、サスケ。

まだ

みちプロやってるんでょ?

またいつでも呼んで下さいよぉ。」

社交辞令でも

嬉しいではないか。

そして

サイン会



記念撮影会は

始まった。


©slam.canoe.ca




エル・ジェネリコ選手が

「今晩の試合、

私とのタッグです。

よろしくお願いします!!」



わざわざ挨拶に。


©slam.canoe.ca



日本の芸能界じゃないんだから

そんな

律儀に挨拶しなくとも・・・、

いやいや

これこそが

アメリカンプロレスの

伝統であり

慣習か。

大したもんだよ

アメリカは。


そして、

熱狂的なファンの皆さんの中には、

私の顔のタトゥーを

左肩に入れた人も

現れた。


そして

皆さんが

口々に

「サスケさん

良く来てくれた!!

あなたは

生きる伝説だよ!」

と。

いやいや恐縮でございます。

しかも一応現役バリバリなんですけど(/ω\)。

詳しい模様は

映画が完成した暁に

劇場でご覧下さい!