『クリスチャン・アストロロジー』第3書

新刊情報です。

今月5月下旬に私と、私の姉で翻訳しました『クリスチャン・アストロロジー』第3書が発売されます。

著者はウィリアム・リリー。

『クリスチャン・アストロロジー』は17世紀に著された西洋占星術を語る上で欠かせない重要古典です。

3巻からなる書ですが、今回は出生図の判断を扱う第3書からの発売となります。

出版社は太玄社です。

翻訳の経緯ですが、数年前、私が『クリスチャン・アストロロジー』を初めて読んだとき、何とかして日本語に翻訳したいと思いました。

私の姉は語学が堪能で、占星術も研究していたので、翻訳を頼んだんですが、それが2年前です。

そして、1年前に太玄社に『クリスチャン・アストロロジー』の企画を提出したところ快諾していただけました。

ただ、出版事情を考慮し、第1書ではなく第3書からの出版ということになりました

第1書、第2書は合本で引き続き出版される予定となっています。

企画が通った頃、1年かけて姉が翻訳を仕上げてくれました。

そこから、私も姉の訳文をもとに1文、1文英文の翻訳を進め、註釈を加えていきました。

数年かけ、ついに「クリスチャン・アストロロジー」が発売されます。

しかも、ありがたいことに、鏡リュウジ氏から帯に推薦文、そして、巻末に解説までいただきました。

皆様ぜひご購入お願いします。