プレカンファレンス

前日あまりに疲れていたので、早めに寝ましたが、早く寝すぎたために朝から5時には目が覚めてしまう始末。

いろいろやることを片付けて、
朝食はいわゆる英国的なブレックファースト。




英国占星術協会のカンファレンスのオープニングは夕方ですが、それまで午前、午後とワークショップが選べます。
午前はベルナデット・ブレディさんによるハウスシステムのワークショップ。
それぞれのハウスシステムが何に基準を置き、その哲学は何か。

非常に興味深く、かなり整理されてました。


午後のワークショップはクリス・ブレナンさんによるヘレニズム期の予測技法の一つ、ゾディカル・リリーシング。

日本語だと、獣帯投射法とでも訳せるでしょうか。

パートオブフォーチュン、パートオブスピリットを基準として使う予測技法。

クリスさんの講義はいつも大きな判断から始まり、徐々に細かい判断になっていきます。

チュートリアルの仕方が上手いですね。


これだけ知識があって30代半ば。才能にあふれてますね。


午前、午後のワークショップの後はカンファレンスの開会式。



そしてその後は夕食。


夕食はハンバーガー。



食後は色々な占星術家に会いました。


ジェフリー・コーネリアスさん、マギー・ハイドさんと3年ぶりに再会。


ジェフリーさんは易が大好きでして、東洋の易について色々質問されたり、 普段考えないようなことを質問されたり。

答えるのがまた難しい。禅問答のようで。

前回お会いしたときは神学者のように感じましたが。


とにかく楽しい時間でした。