児童相談所とタンス達

  • 田村月子 公式ブログ/児童相談所とタンス達 画像1
  • 田村月子 公式ブログ/児童相談所とタンス達 画像2
朝一で、注文していた星子のタンスが届いた。
やっぱり大きい家具が家の中に入ると圧迫感がある。
ウチの狭い階段も丁寧に上げてくださって、セッティングしていってくれた。
欲を言えば・・・服も整理して入れていってもらいたいな(笑)

想像以上に増えてしまった星子の服達。
いっぱい入ると思ったんだけど・・・入りきらない・・・。
私のクローゼット一つ空けないと、コートとかしまえないなぁ。



そしてそして、忘れたころにヤッテクル・・・。

児童相談所・・・。

タンスの後すぐに、お二人でいらした。
今日も星子の安全確認?で、特に何かしてもらったわけでもなく・・・。

主役の星子は、知らない人にジロジロ見られて固まっていた。
「おとなしくて手がかからないですねぇ」
なんて、言われたけど・・・

そうじゃありませんから!

普段はサルよりお転婆でどこにでも上るし、全速力で走り回るし、ダイナミックに転ぶし、いたずらするのが生きがいですから!!!
そんな素振りは一切見せず、本当におとなしいいい子だった(笑)

いつまで続くんだろう・・・家庭訪問。
本当に意味があるのかなぁ?
    月子



アタシのタンスが届いたよ。
白くて大きいの。
あと、児童相談所のお姉さんが二人遊びに来たよ。
ずっと私の事見てるから緊張しちゃった。
緊張したらねむくなっちゃってお昼寝したよ。
    星子


 
  • コメント(全2件)
  • ちびたん 
    12/2 18:45

    家庭内の出来事って当事者しか判らないんですよね。 
    しかも哀しいながら 子供は親に面倒を見てもらわないと生きていけないことは本能で知っていますから 親の顔色見て生きてます。 
    もし親子で何かあっても 子供は言えないではなく言わないほうを選んでしまうからです。 

    親になるのは誰でも出来ます だけど そこを判っていないと不幸の連鎖が起きてしまうんです・・・。

    親も人間だから これを言い訳にはしちゃいけないとも思います。
    難しいし 永遠のテーマだとも思います

  • 田村月子 
    12/2 20:23

    その通りですね。

    レストランでのベビーシートからの転落事故で打ち所が悪く、硬膜下で出血してしまい入院したんです。
    それから児童相談所との面談が続いています。

    お転婆すぎるので、大きな怪我をしないようにいつも気を付けてます。これも我が家のテーマです。


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)