ファーストポジション♪

最近観た映画の中で、とても印象に残っているのが
『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!』 です。

バレエの世界はよく知らない私ですが、
もう、子供たちの その美しい演技と強さに脱帽しましたよぉ〜


毎年ニューヨークで開催され、世界中から9歳〜19歳の5000人を超える応募者があるバレエダンサーの登竜門「YAGP」


入賞した ひとにぎりの子には、世界の名門バレエスクールへの奨学金やバレエ団入団が約束される。まさにアメリカン・ドリームが子供たちを待ち受けているのです




この映画は、数々のステップを勝ち抜いて最終審査に残った6人の子どもたちを追ったドキュメンタリーなのです。

6人の子供たちの素晴らしさと、周りで支えるコーチや家族の想いや
舞台裏は見ごたえたっぷり。

コンテストはたった数分間という時間で、自分を表現し、
その数分間だけで結果がでてしまう。

それまでの努力なんて誰も評価してくれない。

私も仕事柄、オーデションを受けることが多いので
その緊張感とプレッシャーに押しつぶされそうになる気持ちが伝わってきて
まるで、親戚のオバちゃん(笑)のように「頑張れぇぇぇ〜〜!」と
応援してしまった


6人の子供たちはそれぞれ素晴らしかったのですが、
私がとくに気になったのが...↓

コロンビアの少年、「ジョアン・セバスティアン」
彼は祖国の親の期待を一身に背負って「家族のため」に頑張ります。

とにかく完成されていて本当に素晴らしかった



シエラレオネから養子にもらわれた黒人の「ミケーレ」
内戦で両親を亡くし、シエラレオネの孤児院で育ちました。
4歳で養女としてアメリカに渡り、温かい家族の元で
「自分の尊厳」のために踊ります。

力強く美しい彼女のバレエはいつまでも見ていたかった



いやぁ、、、夢に向かって努力しているリトルダンサー達
みんなみんな眩しくてキラキラ輝いていました


その「きらめき」を少しおすそ分けしてもらったような
清清しい気分になれましたよ




 
  • コメント(全3件)
  • 郷ハセチ 
    2/7 17:18

    玉川さ
    良い映画見ましたね
    の子の名前聞いたことあるような気がするのはオラだけ!?
  • 玉川美帆 
    2/7 17:57

    自分も頑張ろう!って思える映画でした

    ハセチさん、知ってるんですか〜

  • 郷ハセチ 
    2/7 18:02

    少し前にテレビで映画のお知らせで名前言ってたかも!!それか特番で放送されてたかも
    憶が曖昧でごめんなさい

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)