ル・グラン・ソワール♪


2010年12月にオープンしたばかりのフレンチ

六本木「ル・グラン・ソワール」さんへ


階段を降りると、アットホームな雰囲気の空間が


アラカルトで前菜、メイン、デザートを

3人で行ったのでシェアしましたよ


まずは、アミューズに山菜たっぷりの一口タルトが

熱々で山菜のシャキシャキ感が楽しめます

 

こちらはパンにつけるバターなのですが
左側はナント、桜のバターです


桜の香りとほのかに塩味が効いていて季節感があって良いですね〜

以前は柚子のバターだったそうです


★前菜
「タイラガイのスモーブロー ピーナッツバターのビネグレット」

スモーブローとは、オープンサンドイッチという意味

タイラ貝とうずら、そして一番したには薄〜いライ麦パンがひいてあります


「新タマネギとウコンのスープ グラナパダーノのガレット」

上に載っている薄いチーズを割って

パリパリな触感も楽しめます

クリーミーなスープは甘くて美味しい


「スミイカとフォワグラコンフィ」
イカとフォアグラ??と驚いたのですが

フォアグラがウニのようなので
イカと合うんですよ


上には細切りのレモンが


★メイン
「桑名のハマグリ ココナッツミルクのソース
イサキの炭火焼き レモンのコンフィとウイキョウのピューレ」
とっても綺麗

ハマグリとココナツミルクはタイ料理のような感じです
イサキも香ばしくて美味しかった



「乳飲み仔牛と海のミルク 山菜のフリット」
お肉はさっぱりしていて食べやすく
牡蠣と山菜のフリットが添えられています



「ヴァンデの仔鳩 ミニョネットのキャラメリゼとグロゼイユのソース」
グロゼイユとは赤すぐりのことで
甘酸っぱい果実のソースがお肉とマッチしていました



★デザート
「白ゴマのブランマジェ」

「イチゴのマリネ バニラのエスプーマ レモンのグラス」

「ガナッシュのムース キャラメルグラッセ エスプレッソのサバイヨン」


どれも美味しいかったです〜〜〜〜


シェアすると、ちょっとずつ色々な味が楽しめておすすめです


食器やグラスもお洒落で素敵でしたし、
シェフの松原さんも温かいお人柄で
ついつい長いしたくなるようなアットホームなレストランでした