part幾つか分からなくなってもうた(((・・;)

しかぁし(*^^*)もう少しだけお付き合い下さいな(^o^;)

磨溝村での感動も束の間!
次の日もまたまた興奮の1日だったのです…それは…


何時も通りの朝練が終わり、朝食後この日もまたまた老拳士(ウーラオシ)にお会いしました(^〇^)
もう80歳を越えていますが、拳を打ち始めたら体の軽いこと軽いこと(^o^;)しかも1打1打も重いし(^o^;)ほんと長年の賜物ですよ(^.^)
ウーラオシからは、内功夫(小武功)を教わってしまったぁ(☆o☆)
いつか内功法を教えて貰えたらなぁ~なんて思っていたので、嬉しいのなんのって♪(⌒‐⌒)

拳の故郷では、新たな拳(套路)を教えて貰えたし、内功法まで教わっちゃって(*^^*)良いのかしら?こんなに宝物を貰ってしまって(^〇^)
嬉しさのあまり、多分心は数十メーター跳び跳ねてたと思うよ(⌒‐⌒)


しかもこの日は更に嬉しい事があるとです
それは…

この日はね、午後からね、少林寺にもね行く予定になっているのですよ(☆o☆)
わくわく


ジャーン♪(⌒‐⌒)
これが少林寺で~す

ここでの記念撮影は忘れちゃならん(☆o☆)

これは、少林寺内の、脇道
更にこの脇道から脇に入ると(普通の人は入れないのよ)師匠の師匠(少林寺内の師匠)がいらっしゃいまして(☆o☆)お茶を頂いたり、貴重なお話しをして頂いたり、最後には気さくにも記念写真まで一緒に撮って頂いたりしちゃいました(⌒‐⌒)

初めての少林寺で、心もふわふわ踊り捲っていたのですが、そんな普通じゃ入れないような所も見ることが出来て、とんでもない状態ですよ(^^;ほんと

その後も少林寺内を見て回り

あっ、これ、緊梛羅王さま!
少林武術の神ですな♪
そして、緊梛羅さまが磨溝に戻り、武術を村の人に教えたとも云われています(☆o☆)つまり、我が門の先祖様ですがな(((・・;)びっくり!

その後千佛殿←ここは、映画少林寺で皆が武術の練習をしていた場所(☆o☆)
長年の震脚で床の石が所々凹んでるのよ(*^^*)これ見てまたもや感動(((・・;)
もう、見るもの全てに感動しまくってました(^o^;)


この日はほんとヤバかった(^o^;)

俺…大丈夫かな?