まだまだ行きまっせ(⌒‐⌒)

皆さん今日は(* ^ー゜)ノ今日の東京はいい感じの天候ですね(*^^*)
お昼ご飯をしっかり食べて、午後も頑張りましょう♪


さてさて
今日も中国話し行きますよ~

登封に着いて三日目♪
毎朝の練功が終わり、朝食を食べたらこの日の予定は磨溝村訪問です。
この磨溝村、実は僕らが習ってる日本少林拳同盟会が受け継いでいる拳の生まれ故郷なのです(^〇^)
拳の故郷って凄くないですか?カッコイイよね?

そんな地、普通じゃ足を踏み入れることも出来なかとですよ(^.^)
なんて貴重な体験なんでしょう(⌒‐⌒)


写真が磨溝村です。
雰囲気あるでしょ?

磨溝に着いてそうそうに范老師にお会いしました♪
しかもお会いするだけじゃなく、自分達の拳も見て頂いたりなんかしちゃって、しかもしかもアドバイスなんかもして頂いたりなんかしちゃったりしちゃったりして…なんて贅沢なんでしょ(^o^;)

それにそれに
現段階での現役拳士の劉師匠から、今尚受け継がれている磨溝の拳(雲陽拳)も手取り足取り御指導して頂いたりなんかもしちゃって(*^^*)
こんな経験、絶対考えられないよ(^〇^)
ヤバイでしょ、ほんと
嬉し過ぎます(*^^*)

それと、ちょっとびっくりしたのが
日中戦争の時に、日本軍はこの地まで侵略が進んでいたらしいんだけど、この地を境に負け始めたとも云われているみたい
不思議な気分だけど、流石武術村って感じ(*^^*)

でも、そんな村のご老人達はこぞって『中国と日本は同じアジアの兄弟だから、仲良くしようね』って
まさかこんな言葉を聞くとは思わなかった
日本が勝手に攻めこんだのに…
嬉しかった♪

この地で得た事は、今後の人生においてとても貴重な財産になると思う(^_^)


この日の夜は、登封の屋台街みたいな所を見に行きました(*^^*)

これがその写真

屋台ってちょっとワクワクするよね♪
俺だけかな?