CHAGE&ASKA

今回、到底受け入れがたい現実が起こり悲しく辛いです。
それはFanの皆さん同じ気持ちですよね…
僕自身、十代でチャゲアスと出会いそれをきっかけにヤマハ主催のCOPY大会に出場し運良く賞を頂き、御本人達と同じステージに立たせてもらったり御本人からギターを頂いたりして、またそれをきっかけに応援してくれるFanの人達が沢山でき自分達で活動してくる事が出来ました。
考えたら人生の半分をチャゲアスと共に歩んできました。
今はCHAGEさんはもちろんASKAさんの身体や今後が心配でたまらないです。
ぶっちゃけ、人生の半分も共に歩んできたので最後まで共に歩みたいです、
そしてあわよくばもう一度チャゲアスを見たいですね。

ASKAさんの一日も早い健康回復を願っています!



先日スタジオで宣材写真の撮影をしてきました!

ラママ

今も昔もお笑いの登竜門的LIVEがLamamaです

現在活躍しているほとんどの芸人さんは1回は出演している位で

ハードルもレベルもメチャクチャ高すぎです

そんなLIVEだとはつゆしらず・・・当時の僕は初めてネタを書き

初めてネタ合わせをし必死こいて準備していました

なんせこの結果次第で事務所が決まる訳ですしね

ただ不思議なもので今はマセキって言えば誰でも知っている

事務所ですが当時はマセキって言っても誰も知らない位マイナーで

ウンナンのとか内海桂子師匠がいるって言わないと周りには伝わりませんでしたね

個人事務所ですから当然ですけどね

そしてLIVEの日を向かえる訳です

マセキ芸能社

先生にお笑いに興味がある事を伝えたところ

まずコンビを組んだ方が良いという事で

クラスの興味がある友達に声をかけ

どうにか確保、コンビ結成

だったらウンナンの事務所に入った方が良いだろうと

クラスを巻き込み検討

学校が大田区大森で近くをウッチャンが通るのを見た事あるから

捕まえてお願いしようかとか冗談みたいな話しまで(笑)

でもさすがにそこは演劇学校

ちゃんと先生がマセキに連絡して事情を説明

そうしたらマセキの社長が月に一回渋谷のライブハウスで

コント赤信号のリーダーが主催するお笑いLIVEに出て

結果を残したら考えても良いと・・・

いきなりハードルたかいでしょ

高校卒業

楽しかった高校生活はあっという間でした

さて進路ですが

そのまま事務所に所属して役者をするか

まったく違う道に進むか・・・みんなこんな感じでした

もちろん僕も迷っていました

そんな時

普段はTVはドラマしか見ない僕が

深夜にやっていたお笑いでウッチャンナンチャンの

笑いの殿堂というのを見たのです

恥ずかしいのですがウンナンもこの時

初めて知った位でした

正直思ったのが

これ位なら自分にもできんじゃね!(今ふうに書いてみました)