鎮魂

急逝された長島忠美代議士を悼み御冥福をお祈りいたします。
山古志村長時代のご経験から、空振りを恐れず被災者に寄り添う支援を心がけるべし!と説き、東日本大震災の折には2011年3月11日夕刻から五月の連休まではほぼ不眠不休の対応を続け、ともに活動する私たちにも温かい目を向けてくださいました。
その後もずっと様々な災害への対応と復興支援に尽力なさいました。2014年の豪雪災害被災者への救済策として史上初となる看護師国家資格試験の再実施が実現されたのも、先生のお支えあればこそ。
まだ走り続けているのかな?人々の平穏な暮らしを守るために…。
でも少し急ぎ過ぎですよ、先生。感謝の言葉は尽くせませんけれど、どうぞ安らかに

iPadから送信

 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)