「ありがとう」

Lyrical Piece
再起動ライブ

俺らの「ただいま」を

真琴の「卒業」を

見届けてくれてありがとう

その場に駆け付けてくれたみんなに


行けないけどと
メッセージをいただいたり

電話をくれた仲間や先輩方に

この日までたくさんご迷惑をおかけし
それでも最大の協力をしてくれた大塚Hearts+のみなさんに

本当に多くの人に支えてもらい


リリカルは復活のステージを終える事が出来ました


長い長い活動休止


忘れられてしまうかな
なんて思った時もありました

でも
待ってくれている人が


必ず居ると

俺らが築いて来たモノは
そんな脆いモノじゃないと

そう信じてやってきました



幕が上がってすぐ




俺は報われました



ああ、いつもの光景だ


もうとっくに「いつも」では無かったはずなのにね


過ごく不思議な気持ちになりました




それは同時に
真琴との最後の演奏が始まったからかもしれないけど



まあいざ演奏が始まると
そんな考えは吹っ飛んで


久しぶりのみんなとのライブ

お馴染みの曲も新しい曲も

一曲一曲
存分に想いを込めて演奏しました


ただ後半かな〜

「君と居る明日」を演奏しているとき

歌いながらなんだけど
ちょっとした走馬灯?ではないけど


初めてこの4人が顔を合わせた日を
少し思い出してました





代々木でさ

まだバンド名も決まる前

初めてのリハの約束よりも前に
花見の約束をしたあの日


音源とか聴かせ合って

まあ何を話したかは事細かくは覚えてないけど


あれからずいぶんと歩いて来たんだなぁと


あの日から5年半
当たり前の様に顔を合わせて

その当たり前が今日で終わるんだなぁと



どうだろ?

運命とか言うと恥ずかしいけど(笑)


真琴とメンバーとして居れる未来が

最初から5年半と決まってても

俺はこの4人を選んだと思うんだよ




長い間

俺らを後ろから支えてくれてありがとう




次会う時には友人として








君はプロのモンスターハンターだから

たまには狩りにでも行きましょう


君はレアな武器を片手に







俺はモンスターボールを片手に





好みも違う俺らだけど


それでも一緒に居れるリリカルのように



真琴が愛してくれた
このメンバーとスタッフで
ここからは進んで行くから

心配は多々あると思うけど(笑)


真琴が望んでくれているように
真琴のこの先の幸せを願ってます



そして12月10日

俺らを支えてくれたみんな

本当にありがとうございました

この場を借りて
改めて感謝を伝えたいと思います

ゆっくりですが確実に俺らは進んでいきます

誰ひとりだって置いていくつもりはないから

ゆっくりゆっくり
また次に見えるものを一緒に迎えられたら

俺は嬉しいです




それでは

これ以上は言っても言っても足りないので

最後に一回言わせてもらって

今日はおさらばします






本当にありがとうございました!!!



■12月10日(火)


画像お借りしました!撮影ありがとう!!あでぃう〜(。・ω・)ノ゙