さらば「市」!

  • 沙人 公式ブログ/さらば「市」! 画像1
  • 沙人 公式ブログ/さらば「市」! 画像2
  • 沙人 公式ブログ/さらば「市」! 画像3
昨日僕の演じる「市」がその生涯を終え、同時に僕の全ての出番が終了!

いや〜お疲れお疲れ(^^)/
ワイヤーアクションも気持ちよかった!

しぶとく生きてた市も、その後片腕を無くし、心臓を串刺しにされ、そして首を切り落とされてようやく、熾烈で過酷な最期の戦いに終止符を打ち、安らかな眠り?へと旅立つことが出来ました。


「天国宝蔵」と言う、中国ではメジャーな伝説をモチーフにした、その宝を守る末裔達と奪取を目論む日本人達との戦いを描いた物語でした。

日本人達と言っても、それを目論んだのは二人だけ。宝を手に入れる為に味方すら騙してた悪いヤツの片割れが市だった訳です(^^;

中国テレビドラマ史上、ここまで徹底的にやられた日本人もまた珍しいそうですよ(笑)

「逆にファンが増えるかも。あんだけ頑張ってた市なのにかわいそう・・」とはメイクさんの言葉♪

ただプロデューサーも言ってましたけど、これまでのような単なる悪役としてではなく、「人間」としての日本人も描きたかった。そのひとつがヒロインに市が恋してしまうエピソード。

これには僕自身、お芝居含めていろんな意味で救われました。

そんなある意味画期的とも言える作品に参加出来た縁と幸運、そして全ての出会いに魂から感謝!!です。

お芝居としては至らなかったことだらけで反省は多いけど後悔はありません。その時その時出せる自分を精一杯出した結果だし、大事なのはそれを今後に活かすことだからね(^^)v


日本では「反日感情」ばかりクローズアップされ、行く前は正直怖い気持ちもありましたけど、来てみたらまったくそんなことは無く、撮影チームはもちろん、行く先々の地元の人達も皆、笑顔で気さくに話し掛けて来てくれるし、優しく温かくまるで家族のように接してくれるので、未だ満足に会話は出来ないけど、ひとりで出歩くのが怖く無くなりました♪

出番が終わり、ひとり現場の外で着替えを済ませ、最後の挨拶をしとこうと改めて現場に入ると次のセッティングの真っ最中。皆険しい顔で忙しなく動いてたけど、思い切って「バイバイ!」と叫んだ瞬間、皆が一斉に「辛苦了!(お疲れ様)」と言いながら万歳してくれて、セットの上からも「しゃとさんバイバイ!」と手を振ってくれたのを見て、心から感動が込み上げて来て泣きそうになった・・いやちょっとウルウルしたかな?(^^ゞ

「再見!」
“さよなら”じゃなく“またね”の言葉と握手を交わしながら現場を後にホテルへ戻りました。

大好き中国!!

・・もちろん外国人としていろいろ注意しなければいけない部分も多々あるけどねf^_^;


さて今日一日ゆっくり休んだら明日北京に向かいます。ひと月ほど滞在しながら、次の作品に出会う為の面接の日々が始まるのです。


どうか今回で運を使い果たしていませんように(笑)


ではまた。

再見!