監督となすびさんとガールズ

  • 沙人 公式ブログ/監督となすびさんとガールズ 画像1
  • 沙人 公式ブログ/監督となすびさんとガールズ 画像2
  • 沙人 公式ブログ/監督となすびさんとガールズ 画像3
時代劇WS終了


第一線で活躍中の監督からの直接指導はやはり凄い。
「演じる側」の論理よりも「作る側」の論理の方が数倍「客観的」で説得力があります。

実社会でも“ひとりよがり”は浮いてしまうのと同じように、その実社会を再現しているお芝居の世界でも、ひとりよがりはやっぱり浮いてしまう。

演技の出来不出来は、作品の持つ(目指す)世界観にそれが嵌ってるかどうかと言うことで、それは俳優では無く監督が決めること。

その権限のある監督から「カット
」の声が掛かるまでは、例えセリフとトチったとしてもお芝居を続けるのが本当のプロだと教わりました。

肝に銘じます



WS終了後には恒例の打ち上げ。
監督とお付き合いのあるタレントの「なすび」さんも毎回参加。
普段から人柄の良さが滲み出てます(^^)

スリーショットは井上監督となすびさん。
ツーショットは『2010怪談グランプリ』優勝者で女流怪談士としても活躍中の女優「牛抱せん夏」さん

フォーショットはWS仲間のガールズ達。


こう言う繋がりが出来るのもWSの良さのひとつです



焼酎ストレートをグラス3杯飲んだ程度で足に来たっす。。。
歳取ったな〜とちょっとしみじみ(笑)


おやすみなさい