時代劇WS初日総括

  • 沙人 公式ブログ/時代劇WS初日総括 画像1
今回で四度目の参加になる時代劇WS

講師は『水戸黄門』『大岡越前』『江戸を斬る』『長七郎江戸日記』『あばれ八州御用旅』と言ったテレビ時代劇の名匠井上泰治監督 m(__)m

参加者の八割方はもうすっかりお馴染みのメンバー達です。

読み合わせと立ち稽古をした後で、近くの公園でのロケを行い、帰ってから撮った映像に合わせての『アフレコ』もありました。

ついさっき自分でやった映像を見ながら声をアテるのがあんなに難しい事だとは・・・。

生演技とは違った緊張感からなのか、それとも相手じゃなく、どうしても自分の口先ばかり追っちゃうからなのか、言葉のタイミングはズレズレだしセリフは出てこないしで散々でした・・^_^;

因みにこのロケで僕の相手役をしていただいた女優さん。

演技開始早々、右のほっぺたにいきなり虫(蚊?蜘蛛?)が止まっちゃったんですよ

僕が最初のセリフ言い始めてほんと直ぐ


・・外ならでは神のようなアクシデント(笑)

払ってあげたい、言ってあげたい、けど本番中だし・・

な〜んて余計な事考えてたら、案の定セリフ間違えちまいました(_ _。)・・・シュン


本番終わってもまだ止まってるし(笑)
で教えてあげて初めて本人も気が付いた模様(*^^*ゞ

スタジオ戻ってからは違うシーンの稽古とカメラ本番。
一度撮り終えて全体での試写が終わったので、これで終わりかな?と思ってたら、立ち位置を微調整して再度本番。

油断は大敵です。。。

勝手に終わったと思って緊張の糸が緩んだんでしょうね。
それで「もう1回やる」と言われて無意識に気持ちが慌てていたんでしょう。

二度目の本番はもう散々でした・・(>_<)ヽ

「気持ちを持続させる」と言うことの大切さを、その時悔しいほど改めて思い知らされました。



明日も引き続いての参加


最後の「お疲れ様でした〜」までが稽古です