空手家沙人

アルバム「空手家沙人」に空手関係の写真をアップしたので、その流れで空手家としての僕の足取りなんぞを(*^^*ゞ

僕が空手を始めたのは14歳の頃。
地元奄美にあった剛柔流と言う流派の空手。

実はいじめられっ子でした。
小学校の終わり頃から中学に掛けて(*^^*ゞ
それを克服したいと言う思いも勿論ありつつ、当時憧れてたジャッキーチェンの影響もかなり大きかったですね。

将来はジャッキーみたいなアクションスターになる

それが当時からの夢でもあり空手の原動力でした。

お陰様で
いじめっ子達へのリベンジも完遂(笑)
以来空手は僕の人生に無くてはならないものになります。

上京したのが10代の終わり頃。
JACのオーディションを受けるのがその理由でした。
面接官は今をときめくハリウッドスター真田広之さん

実は真田さんのおばあちゃんが奄美の人なので、僕の「奄美大島出身です」の自己紹介にやたらと頷いてくれてました(*^^*ゞ

結果は見事『合格』でしたがお金の都合で志半ばで脱落


あ、その話じゃなくて空手の話だ(笑)

そこからいろんなバイトで住居を転々としながらも、空手だけは続けてました。

東京で最初に入門したのが『極真会館神奈川西支部』の川崎道場。
責任者は映画「パニッシャー」で日本人ヤクザ役を演じた金山裕文選手

入門したその日にいきなりのガチンコ組手で胸骨骨折(笑)
「強いヤツだけ残ればいい」と言う雰囲気に痺れました


バイト先が変わった事で移籍したのが同じ極真の城西支部中野道場。
責任者が元全日本チャンプの黒澤浩樹先生

「伝家の宝刀」と恐れられたローキックに何度も吹っ飛ばされ、ハイキックで失神したことも数度ありの楽しい道場でした(笑)

でまたまた引っ越して移籍したのが本部直轄浅草支部。
支部長は現館長の松井章圭支部長


実は昔からかなり憧れていたので、直接教わる度にいい知れない高揚感に包まれながらのただのファン状態(笑)

その後当時勤めていたフィットネスクラブで管理職になり、稽古する時間が捻出出来なくなって退会するまでの約20年間、この極真会館でお世話になりました。

その後フィットネスクラブで空手のクラスを持つようになり、その時の仲間達で起ち上げたのが、今僕が主宰する「凱旋塾」の母体となります。

その頃に琉球古伝の空手を伝えると言う先生と出会い、アドバイザーとして迎え5年間活動し、その著書にもモデルとして参加させていただいたりしましたが(「隠されていた空手1&2」)、僕の度重なる身勝手な行動で先生を怒らせてしまい「破門」に^_^;

ところが「捨てる神あれば拾う神あり」で時を同じくして新たな仲間が出来ました。

「太気拳至誠塾」小山支部長と「不二流体術」宗家、そして古流剣術出身で某柔術相伝継承者の方。

それぞれとの交流を通じて日々研鑽しながら、武術としての空手を追求しつつ、いつかそれを映像で表現してみたいな〜と密かな夢を抱きながらの修行の日々です


「愛する人をこの手で守り抜くため


それが今の僕の空手スタンスです



誰か稽古相手になってやってください(笑)




 
  • コメント(全3件)
  • 猫じまん 裏チケ× 
    8/13 00:14

    はじめまして。思わず「空手」のキーワードで日記を見てしまいました。私も極真ではないのですがフルコンタクト系空手の出身で、今もトレーニングは継続しています。
    日記に書かれている、黒澤選手、松井館長が活躍していた時代の極真の試合はよく観戦していました。ローキックでびっこ引くのはやられた人でないとわからないだろうな、と思います。
  • フライング・ヤツデマル(叭鳧拳法宗家当主) 
    8/13 01:19


    直接お会いしてご指導、お話しなど聞かせて頂きたいもので
    帰省の際は是非【集合号令】かけて下さ

    必ずおじゃまさせて頂きま

  • まりもん 今までありがとうございました 
    8/14 01:08


    題名を失念しちゃってます
    真田さんは ジャッキーの映画に 悪役で出演されてますよね

    映画を見た時は びっくりしました


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)