しりーず怪談2

パート1に反響まったく無いのに第二弾
(笑)

あれはまだ僕が奄美の実家にいた頃の話。
中学3年の終わり位から高校入学当初に掛けての頃。
その頃の約三ヶ月間、夜寝床に入ると決まって“ある”現象に悩まされていた。

それは・・「金縛り」


ベッドに横になりうとうとし始める、するとまず最初に耳の奥から“ごおーっ!!”と言う耳鳴りとも違う乾いた重低音のような、風が吹き荒れる真っ只中にでもいる様な、そんな轟音が聞こえ始める・・。

それが身体全体を包むように広がり、やがて身体がまるで“底なし沼”にでも嵌ったかの様に身動きが取れなくなるのだ。

手足は鉛の様に重く目を閉じているはずなのに何故か周りの風景は見えている。

そして足元から天井に向かって“引っ張られる”のだ


身体じゃ無く魂が足から一気に引き上げられて、逆さ連りになった“感覚”に襲われるのだ。

そうかと思えば、本当に沼に沈んでいく様に落ちていく事も有った・・。

そしてこれが実に三ヶ月程の期間“毎日”続いていたのだ。

不思議なモノで最初こそ「恐怖」で寝るのが怖くて寝不足に近い日々を送っていた事もあったが、それが毎日の事でほぼ“日課”状態、終いには「あ、来たな・・もう、好きにしてくれ」と言う開き直りで、恐怖感よりも状況を「観察」するまでになっていたものだ。
そう完全に「慣れて」しまっていた(笑)

そんな“ある日”・・。

その日もいつもと同じ、風の音から始まり体が重くなり、やがて全身身動き取れない状態になっていた。

体勢は横向き(一説に横向きで寝ると金縛りにはならないと聞いて試したのだが僕には効果は無かった様だ)右側を下にしていた。

そして・・来た


「ん?」

・・なんかいつもと違っていた。

身動きが取れないだけでは無い。
「何か」が触れてくるのだ!腰の辺りそれも後ろから・・。

やがて「何か」は僕の腰の辺りから少しずつ“前方”へと移動してくる・・。

そしてはっきりとわかったのがそれが「腕」だと言う事。
それは両腕で僕の腰の辺りに後ろから“抱きついて”来ているのだ!

部屋には僕一人しかいないはず・・
「何だ?何なんだ!?」

そして僕の耳にはっきりと“それ”は聞こえました

・・「赤ん坊」の泣き声が・・

愚図る様な、甘えるようなそんな感じの声。
なのにちっとも怖くは無く妙に落ち着いていたのが自分でも変だった。

時間にすれば一分も無かっただろう。
やがてその声も抱きつく両手も消えて行った。

そして僕はBGMで流していたラジオ番組「オールナイトニッポン」を聞きながら、そのまま眠りについたのだった・。

後日ふと思い当たったのが「母」の事・・。

産婦人科へ行き出した時期とその後癌で亡くなった時期と、僕が金縛り体験をしていた時期が見事なくらい“重なって”いた。

あの時の赤ん坊は「流産」してしまった僕の兄弟だったんじゃ無いかと・・。
兄である僕に「天国」へ登る前に一度だけ甘えに来たんじゃ無いかと・・。

-以上-

因みに女の子だったそうで産まれていれば現在28歳。
生まれ変わりが本当にあるとしたらその位の年代なのかな

・・とふと考えたりもする今日この頃(*^^*ゞ


芸能ネタではありませんが、夏に相応しい記事かな〜
と(*^^*ゞ


−気まぐレス−
★カラオケの十八番は何ですか?
−昔からチャゲアスと安全地帯、長渕剛がメインです。
女性歌手では中森明菜、レベッカ辺りですね(^^)
★色白ですか?
−はい。南国生まれの癖にすみません(笑)

 
  • コメント(全3件)
  • ガバディ 
    8/8 21:44

    怖いと言うか、凄いですね

    金縛りは、自分も嫌です

  • まりもん 今までありがとうございました 
    8/8 22:30


    私は 金縛りや霊体験ってないんですが 3ヶ月近くもそんなめに遭ったら ノイローゼになるかも



    沙人さんは南国育ちだからか? どこか肝が座ってる気がします


    多感な時期に お母さまを亡くされたんですね

    エラそうにわかったような事書いて… と思われたら悲しいですが 沙人さんが日々生き生きと暮らして 幸せになる事が お母さまへの供養になるのでは… と思います

    長渕剛は…

    筋肉隆々の沙人さんが サングラスかけて長渕を歌ってたら 迫力あるでしょうね(笑)

  • 週4 
    8/9 01:27

    元ちとせさんにも、
    幼少期の不思議体験聞いてみたいですね

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)