ジジとの思い出

僕を猫好きだと思ってる方多いですか?
「ひとこと」に猫の話題が多いので無理も無いか(*^^*ゞ

実は違います。むしろ逆です。と言うか苦手な方です。
ちょっとした「トラウマ」があるんです。

そんな思い出話をひとつ。

10年位前に家族で飼ってたのが黒猫のジジ。
目が開いたばかりの子猫を知人から貰い受けたのが最初。
名前はもちろん「魔女の宅急便」から(^^)v

これがもう凄く僕に懐いてました♪
家族の中で一番懐いてたと思います・・最初だけは(笑)

ある日帰宅した僕は台所に生ゴミが散乱しているのを発見

すぐさまジジの仕業だとわかった僕は、廊下で寝ていたジジの首根っこを掴まえて台所へ。
その場で叱るのがペットのしつけ方だそうですが、当時の僕はそれを知らなかったので、散乱した生ゴミをジジの顔に突き付け「なんだこれは
」と言いながら頭を叩くと言う暴挙に・・猫に体罰は厳禁とも知らず


その瞬間僕の手に噛みつき台所の隅に逃げるジジ。
そして威嚇するように僕に向かって唸り始めたのです。
それにまた怒った僕は、大声で怒鳴りながら台所中を追い掛け回し、引っ掻かれ噛みつかれながら強引に掴まえました。

体中抜け毛だらけで脱糞までしてたジジ。
よっぽどの恐怖だったんでしょうね・・。

以来僕には一切近づかなくなくなりました。・・当たり前です^_^;
家族と遊んでいても、僕が「ただいま」と帰るなりすぐに部屋を飛び出して行くし、僕の足音が聞こえるとすぐに部屋の隅っこに隠れ、頃合いを見計らって外に逃げ出す・・大した嫌われっぷりでした(笑)

「ジジが病気になった」
ある日家族からそう告げられても、僕は「ふ〜んそう」程度の返事しかしなかったものです。
その頃は「完全無視」が僕の日常だったからね。
言われてみれば確かに少し痩せた様にも見えたし、逃げてく足取りが少しおぼつかなくなってる。
「そうまでして逃げなくても・・」と思いつつも、僕の気持ちは「日常」へさっさと戻りました。


その日は「特別」でした。
いつもの様に帰宅して、いつもの様に部屋へ入ると・・ジジがいる

僕と喧嘩して以来使われなくなって放置してた寝床でジジが寝てるんです。
いつもなら一目散に逃げるのに、その日は僕の足元にすり寄って来ました。
「珍しい事もあるもんだな」と、久し振りにジジを抱き上げて声を掛けました。
「どうした?ん?珍しいなお前

甘えた声でか細く鳴き、弱々しく顔を舐めるざらついた舌。
そしてひとしきり僕と戯れた後、いつもの様に部屋を出て行くジジ。

「明日からまた少しずつ仲良くしてやるか」
久し振りに感じたジジの体温に、それまでの意固地の様な気持ちはすっかり消えてました。


「ジジが死んじゃった・・」
翌日の朝、ご飯をあげようとしたらすでに冷たくなってたそうです。
「は
・・・」
ショックで言葉が続かないまま、急いで寝床を見に行くと・・。
やせ細りお腹が異様に出っ張って、そして硬く冷たくなっていました。

恐らくジジは自分の死期を悟っていたのでしょう。
だから最期に僕を許してあげようと、部屋まで来てくれたんだと。
最後の方はほとんど歩けない状態だったそうです。
そんな状態で二階にある僕の部屋で、僕の帰宅を待っててくれたジジ・・。

「ごめんな」
ジジを抱き上げ、おでこに最期のキス

「今度生まれ変わったら幸せになれよな」
そんなキザなセリフも平気で言えるくらい、無性に悲しくて淋しくて泣くしかなかったです。

猫は死期を悟ると人前から姿を消すと聞いたことがあります。
ジジは最期の力を「家族との別れ」に費やしてくれました。
それだけ僕ら家族と家を愛してくれてたんでしょうね。

前の晩にジジが寝ていた僕の部屋の寝床。
生涯最後のイタズラか、はたまた「忘れないでね」のつもりなのか、オシッコの跡がちゃっかり遺されてました。
子猫の頃に一度叱ったら、二度とそこではしなくなってた癖に(笑)


その出来事があって以来、猫を見ると複雑な気分になります。
遠慮のような、気後れのような、懺悔のような、後悔のような・・。


そして今、バイト先でやたらと猫と触れあいます。
こんなに触れあうのはジジを飼ってた時以来です。

もしかしたら、その時の「やり直し」のチャンスを貰ってるのかな?
・・柄にも無い事言っとりますな(*^^*ゞ

夜勤の合間のいい気分転換だなう(笑)


長文になってしまいました・・。
携帯の方ごめんなさい



−気まぐレス− ←ナイスネーミング♪
★トレーニングは毎日?
−週に2回、1時間位を自宅でやってます。加圧法をアレンジしてます。
昔10年程フィットネスクラブでインストラクターやってたので、その時の知識と経験を資本にしたオリジナル、、いえ、マニアックなトレーニングです(笑)
★時代劇も似合いそう
−ありがとうございます。時代劇は大好きでいつか出たいです♪
因みに「水戸黄門」の監督さんのWSを定期的に受けてます(^^)


その他コメント本当にありがとうございます!

PS:コミニュティへのお誘いをいただきましたが、公式ユーザーのコミュニティ参加は認められていませんので、何卒御理解いただければと思います。誠に申し訳ございませんm(__)m

 
  • コメント(全5件)
  • 勝運みなさんありがとうございました 
    8/5 10:30

    ネコの話。涙が止まらねーっす。皆、同じ様な心境な事があるっすね。オレっちも似た様な事でネコほっとけない病にかかりました。(笑)

    ほんとそいつにとっては一生一回っすもんね。
    ますます応援したくなりました。

    夜勤バイトは人間模様も面白いっすよね
    オレっちは東京にいた頃アニマル浜口さんに通ってもらってよく話しかけてもらいました。
    ジンタン水=ポカリくれにーちゃん!
    と。(笑)
  • まりもん 今までありがとうございました 
    8/5 11:06



    ジジちゃんの健気さに 泣けてきます

    心残りや辛さはあるでしょうが 最後に最高の思い出が出来ましたね

    あっぱれなニャンコだと思いま

  • とかちゃん★10分内× 
    8/5 11:12

    喫茶店で携帯を開き、ネコのジジの記事を読みながら涙がポロポロ(T_T)

    人がみたらメールで別れ話でも受け取ったかと思われかねない(焦

    アタシも厳しくワンコを叩いてしまったので反省しちゃった今日この頃…
  • 週4 
    8/5 15:50

    猫暴行事件で動物虐待だ〜と、声高にいうつもりが…

    すげぇ、いいはなしっす


    【嫌い】から【好き】になるのって、振り幅が大きい分、溺愛にかわりますよね


    つぎに飼ううことがあれば、ジジを重ねて素晴らしい飼い主になりますね

  • マカオちゃく 
    8/7 14:45

    やはり動物の方がヒトよりも賢いと思います

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)