【怖い話】鈴木淳の土曜日の怪談!

さて、隔週を予定してお送りしてます、心霊レポーター、鈴木淳の土曜日の怪談の時間です!

今回は、四国は松山にある、大谷池の話です!

今から7、8年前になるかな、仲間をつれ、四国松山にある、大谷池に取材に行く事になりました。


当時、iモードの怖い話サイトでも心霊レポーターをしていたが、今回は、別!

数ヶ所回る予定で、地元の情報提供者と合流する間に下見をするため、大谷池に向かった!


池と言うにはかなりのきぼで、水量は少なく、蟻地獄状になっている池だった。その縁から車がよく落ちることから、心霊スポットになったようだ。


そして、その霊を納めるかのような誇らが祀られていた。


我々はさらにその奥、山の上にあるといわれる、展望台に向かった。
途中には、ミカン畑があり、冷たく冷えた取り残しのミカンをいただいた。

かってにだが!

そして、展望台についた。

展望台までは、道があるのだが、あえて、獣道を行った。

近道なんだ。


そこは、首吊りをしそうな臭いのする松波木だった。

現場につくと、ひっそりとそれは立っていた。

入るには少し勇気がいる、霊の気配がしていた。


階段をあがると、途中に何かが燃えたあとがあった。
人の形にも見える。

とにかく寂しいとこである。

遠くには海が見えるが、あまり気持ちがよいものではない、何かがいるんだ。



とりあえず、待ち合わせの場所に向かうべく戻ることにした。


ミカン畑につくと、冷えたみかんがほしくなり、車を止め、二、三個もいで車にもどった!


そして、起こったのである、第一の心霊現象が!


次回につづく!