園庭拡大化計画

  • 鈴木八朗 公式ブログ/園庭拡大化計画 画像1
今から12年前、待機児対策として横浜市の市有地を貸与し保育園を建てるというプロポーザルの案件に手を挙げたことで、現在のくらき永田保育園が存在するわけですが、その時の建設の条件として・・・

「近隣住民と交通問題を生じさせない7〜8台の駐車スペースを確保すること」という一文が盛り込まれていた。

保育園が建っているこの場所は北向きのひな壇という形状。
 

園庭に日が当たるように工夫すると、駐車場スペースを8台も確保するのは困難。

地下駐車場にするというアイデアも考えたが、様々な問題が重なり、結局6台分の駐車スペースを確保することで開園ができた。

その駐車スペースを眺めていたら、僕の心の中にある言葉が浮かんだ。

「もったいない」

駅前の園庭のない保育園に比べれば決して狭いとはいえない保育園なのだが、園長としてはもっと様々な活動が出来る空間が欲しい・・・そんな想いがふつふつと湧きあがってきた。

しかし、送迎スペースを狭めることもできないし・・・。

あっ!! 閃いた。

早速、誉工務店の武田社長に連絡し、構想を話す。

「八朗先生、出来ますよ! やらせてくださいよ!」

「じゃあ、二日以内に見積書ください」といったやりとりが3月の下旬に行われた。

そして、今日、工事開始。



出来上がりをお楽しみに。