サシバ見参

  • 鈴木八朗 公式ブログ/サシバ見参 画像1
  • 鈴木八朗 公式ブログ/サシバ見参 画像2
池田梨園の広場にテーブルを並べのんびりとお茶を飲んでいると、臼井君がいきなり左斜め上を見上げ、左手の人差し指をピンと上に伸ばす。

臼居君は以前猛禽類の調査をしていたので、何かが特別な鳥が来たことはすぐにわかる。

見上げると、青い空を羽ばたくことなく悠然と飛んでいる大きな鳥。

臼居君が「オオタカ?? サシバ??」

どちらにしても、横浜で見るのは初めてだ。



僕のような素人では、トンビでないのはわかるが尻尾のカタチや羽の幅などだけですう100メートル先の鳥など区別がつくわけがない。

そんなとき、その鳥が急降下、そして、梨園の樹に留まった。

え〜!!!!!!

急いで車の中から双眼鏡を取り出す。



サシバだ。

南から渡ってきたのだろう。

この風格、カッコいい。

臼居君の話だと、この果樹園ではフクロウも見られるらしい。

来週の「タケノコと野草を食べる会」でも、こんなサプライズが起これば盛り上がるだろうな〜。