温かい気持ちになれる卒園式

  • 鈴木八朗 公式ブログ/温かい気持ちになれる卒園式 画像1
  • 鈴木八朗 公式ブログ/温かい気持ちになれる卒園式 画像2
  • 鈴木八朗 公式ブログ/温かい気持ちになれる卒園式 画像3
第11回目の卒園式が終了しました。

今日の天候のように、心がポカポカと温かくなるような卒園式だった。

月齢の低い子どもが多く、どちらかと言うと幼いイメージのクラスだったのに、夏を過ぎたころから、年長さんらしさを発揮しだし、今では誰もが憧れの眼差しで見つめられる存在になってきた。



卒園証書を読み上げているときには、今までの想い出が頭をよぎり、不覚にも涙を流してしまう。

Nちゃんのママの謝辞にも感激である、仕事と並行して子育てをした人からしか出てこない言葉の数々に胸が熱くなった。

卒園式後の謝恩会もとても温かいものだった。

最初に保護者から園長への成績表の発表なるものが行われた。

人を評価することはあっても、評価される機会がない園長としてはドキドキである。

そして、助演男優賞というありがたい症状を頂きました。



子ども達が赤ちゃんだった頃の写真を見てのクイズも趣向を凝らしておりビックリの連続。



最後に保育園と担任の福田先生に向けた替え歌タイム。



カラオケ屋さんで練習してくれたようだ。

歌詞も泣ける、そして、笑える。



忙しい中、これだけのものを作るために頑張ってくれていたことを想像するとさらに感激してしまう。

本当にココロが温かくなる一日でした。