ただいま本屋 〜映画化を思ふ〜

  • SUPER BEAVER 公式ブログ/ ただいま本屋 〜映画化を思ふ〜 画像1
本日、久々に本屋に立ち寄った。


ツアーやらなんやらあったからね。
二ヶ月ぶりくらいだろうか、平積みになっている本のラインナップが大きく変わっていた為、動揺のあまりマスクの下で苦笑い。


半年前にハードで買った本が文庫化されていたり、高校の時分に読んだ一冊の長編が上下巻に分割されて発行されていたりもしていた。


んー、こりゃ二週に一回は本屋に行かねばならぬ!


平積みの棚から、新たな作家さんと出会うことが少なくないからね。
逃してなるものか!




あと!
何年か前、初めて読んで凄まじくのめり込んだSF小説の帯に、『映画化』の文字があった。


こりゃ、毎度思うが『映画化』というのは考えものだ。


映画からその作品に入った人は、純粋にその映画をありのまま受け入れることができるのだろうけど、原作(本なり漫画なり)に触れたことのある人は、個人の想像力が全面的に反映されている為、少しでもそれに反することがあると、作品自体を汚されたような気分になる(とくに本!)。

このどうにもならない悔しいような気分をオレも幾度となく味わった。

しかし素晴らしい作品は大勢にみてもらうべくして、映画化なりドラマ化なりするわけだから、なるべくして映画やドラマに…云々。


これをいかにオレがどうこう言ったところでどうにもならないのだが、大好きな作品に並々ならぬ思い入れがあったりすると、『映画化』の文字はオレをがっかりさせるのだ。



君の声はもっとハスキーなはずだろ?
何故にここを割愛してしまったのかい?
オレの思い描いたあの娘はそんなに眉が太くなかったよ?
etc…



個人に想像力がある限り、実写化は一部の人間に混乱を招くのだ!
と、胸で高らかに叫び、勝手に一段落させた後、何冊かの本と共にレジへ向かったオレであった。



本日買った一冊!

LOVE!宮本輝!



渋谷龍太

 
  • コメント(全5件)
  • Pちゃん(釣りNG) 
    4/18 03:15

    それっ
    くあります

    自分のイメージと違ったりしてがっかり


    思い入れが強いほど やめ
    てね

  • 怖い緑のおじさん 
    4/18 04:07

    小説は読まないなぁ



    また、ラジオで刄牙の話してください
    (笑)

    「安藤さーん
    だっけ
    (笑)
  • DARK-angel 
    4/18 04:16

    初めてコメします

    ここ最近、特に渋谷さんと同様に感じる事が多々あります

    よく友達や知人と語り合う事も(笑)
    ドラマ化や映画化するなら、アレンジ等するより忠実にしてほしいと感じてしまいます

  • 鵑圓ちゃん 
    4/18 06:33

    おはようございます


    BEAVER大好
    のわが


    久しぶりの
    しいで


    息子達は「ソラニン」観て感激してまし

    BEAVERのポスターと楽曲の話で盛り上がってました



    来月の
    LOOK
    楽しみにしています

  • *shiori* 
    4/18 08:36

    写真のは見た事ないです(´・ω・`)
    マンガならよく見ますよ〜^^

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)