なが〜れ〜

 


カフェでゆっくり。
時間のー流れ〜がー遅くー感じーる〜

そして『終末のフール』を読み終える。かなり読みやすかった。一つの流れを軸に様々な人間たちの模様が短編で綴られている。

開場までまだ時間がある。もう少しゆっくりしよう。

そうだ京都へ行こう。並にゆったりしてる。

わかりづらいか。
いや分かったら逆にすげーな。

はいはい。