12月3日

  • スタジオライフ 公式ブログ/12月3日 画像1
牧島です!
Lilies2013も残り4日。
マルケリアヌスも残り3ステージ。
3日もやっぱりドキドキの公演でした。

Liliesという作品。
8ステージを終えてみて、改めて思うのですが、

毎回ホントに違う。

勿論、芝居を進行する上での約束事、段取り等は決まっていますが、
それ以外はほぼ生の感覚です。

事前に「こうやろう、こう言おう」
とか考えてやっていることはほぼ皆無で。

ほぼ全ての言葉、仕草、表情が、
その日、その公演の中で生まれます。

相手役との関係で、その瞬間瞬間で生まれる気持ちは毎回違うものです。
同じように見えても誤差があったり、あるいは全く違う想いが湧き上がったりもするのです。

それを信じて、その時その時生まれた想い言葉を乗せていく。
そこからまた新しい想いが生まれてくる。

全く同じ台本を演じていながら、
実は僕らは毎日違う世界を生きていたりするのです。

終演後、フレッシュの千葉が

「今日何か、全然違いましたよね?
なんか違和感ってゆーか…僕のことじゃなくて、全体がってことなんですけど」

とちょっと興奮気味に話していました。

「うん、なんだろう、違ったね。でも、何が違うんだろうね(笑)」

ちょっと意味深に答える海司さん。

「う〜ん、なんなんだろう…」

千葉は頭を捻っていたけど、僕にはなんとなく解る気がした。

実は、この日だけじゃなく、
毎回違っていた。
ただ、千葉がそのことに気がついたのが、3日だったんじゃないか。

ずっと必死にビロドーを演じてきて、きっとなかなか全体を見渡せる余裕もない状態だったハズ。
入団して半年だもん、それが当たり前。

でも、千葉は気がついた。
すごいことだと思う。

僕は

「そう?何か違うことあったかな?(笑)」

と答える。

千葉はまた、頭を捻った。