フーちゃんの稽古場日誌!

  • スタジオライフ 公式ブログ/フーちゃんの稽古場日誌! 画像1
皆さんお元気さまで〜す!!
リリーズ稽古場から今日は〜っ!

リリーズイベントでは大変お世話になり、誠に有難うございました。
皆様の愛と元気に助けて戴いて、出演者スタッフ一同が素晴らしい
お時間を過ごす事が出来ました…本当に楽しかったぁ〜っ!!

倉本・楢原との司会なんて、もう二度と無い刹那の面白さが有って
最高でしたよ(笑)!
孤児のミューズ達の上映会も痺れましたねぇ…齢を重ねる事で感動
が増す作品なのだと、改めて感心しました(手前味噌でゴミンナサイ…笑!)。

さてさて稽古場ですが…凄いですぜ!
3チーム夫々が、別時間での稽古進行なのです…と言う事はですね、
倉田さんは1人で丸一日中演出業務となるわけです…その集中力たるや、
既に神がかり的な域に達しておりますです、ハイ!

僕達エリゴノミ(エリゴーヌなんですけどね…笑!)チームが夜稽古の時
でも、こんなテンションで一日中演出していたのかと言う程の馬力なのです。

稽古場が寒い日でも、「馬鹿は身が燃えるのよ〜っ!!」と自分自身を
自嘲し乍ら、稽古終了時間が来ると歯ぎしりをして悔しがるんです…
この人は、どこ迄演劇が好きなのか?演劇はもう既に、倉田さんの人生
そのものなのだなぁと…考えるだけでも震えますよね。

そんな中、僕達エリゴノミチームは…ズビスバボビブビ〜ッ????と
試行錯誤の毎日が続いております(汗)!
そりゃそうだ、倉田さんにしてリリーズを「美しいバケモノ」と
言わせしめた作品なんですもの…悩んで苦しんで、最後の最後迄諦めずに
足掻きたいと思っています。

演劇なんて全くの無縁だと思われる囚人達…心の解放なんて有り得無い、
人を信じる事など不可能だと思われる人達が、あれ程の表現を見せるのです。

シモンの執念と、同じ法の誤ちの犠牲者としての共犯意識こそ有ったものの…
表現に辿り着く迄には、並々ならぬ苦労が有ったのだと思うのです。

その囚人達の怖さ苦しみ悩みの千分の一、万分の一でも通過し無ければ、
エリゴノミチームのメンバー同志の化学反応は見えてこ無いと思います。

後は老シモン役の倉本が、どんな仕掛けをして来るか…頑張れ倉本シモン!

まだまだエリゴノミチームは、諦めておりません!
むしろ僕達の未熟さが、悩み苦しみとなって…結果リリーズの世界に、
エリゴノミチームなりの入り方が出来れば最高だと思っています。

皆様には、僕達の未熟なエリゴノミチームに、是非是非ご期待戴きたいと
思っております!!

え〜い、観なきゃ損だよと言える様に頑張りますです!

皆様には、何卒宜しくお願い致します!
た〜の〜み〜ま〜す〜で〜す〜っ!