曽世です

  • スタジオライフ 公式ブログ/曽世です 画像1
  • スタジオライフ 公式ブログ/曽世です 画像2
本日の担当、曽世海司でございます。

皆も書いている通り、新作上演に向けての稽古場は戦場です。
あまりに必死ゆえ、思わず起きる笑いもあるけれど、
皆、命をかけて幕を開けんと躍起になってます。

こういう時のスタジオライフは、いいんですよ。
劇団力がフルに発揮されるというか。

今は、また、産みの苦しみ。
でも、きっとまた、劇場中巻き込んで、深遠な「PHANTOM」の世界を旅できるはず。
その日まで、僕らのアドベンチャーはまだまだ続くのです。

さてさて、今回僕が演じさせて頂く役、大きく二つあります。
ひとつは、シングルで、「太后」。ペルシャの皇帝の母親であります。
当時は完全独裁政権でございまして、まぁ、この「太后」さんもご多聞にもれず、なかなかの女性であります。
どれくらいなかなかかは、どうぞ舞台をお楽しみに。

そして、ダブルで二人の息子がおりまして。
荒木と、翔音。
この息子たちも、我が血を引いているだけに、なかなかでして。
どれくらいなかなかかは、こちらもどうぞ舞台をお楽しみしていて下さい。


そしてもうひとつ、ダブルでラウルを演じさせて頂きますね。
あのデッカイのとダブルですが、客演終わって最近やっと顔合わせたとこ。
ロクに話もしてませんが、ま、たぶん二人であそこはどーだここはこーだとか相談しながらやっていくんじゃなかろうか。
ん?奴とダブルは『トーマ』のオスカー以来?
はてさて、どんなラウルになりますか。お楽しみに。

そしてお相手クリスティーヌが関戸くん。
彼とこんな間柄、なんか前にもやった気がしたなーと思ったら、
『白夜行』の時の篠塚一成と川島江利子でした。
淡〜い思い出。
今回も、淡〜くて切ない間柄、楽しもうね、と伝えようと思ったら、関戸のヤロー、エリックにばっかり目が行ってる!
ふふふ。いいぞ。このジェラシー、頂きだ。
覚悟しろ!関戸クリスティーヌ!惚れてまうやろ〜って言わせてやる!


さて、牧島くんからのご質問に答えねば。

なんと!「好きな映画ベスト3」と来た!
いやぁ、参った。
なかなか選べないもんです。
が、かわいい後輩からの質問に答えない訳にはいかない!
よし、心を鬼にして選ぶぞ!

。。。(かなりの時間経過、、、。)

うーむ。その時々の気分によって違うぞ。。。困った。。。

よし、では部門別ってことでお茶を濁そう!往生際の悪い先輩に成り下がろう!そんなのも、たぶん曽世っぽい!

ドラマだね〜部門
1『アメリカン・ビューティ』
2『八日目の蝉』
3『シャイン』

ラブコメに首ったけ部門
1『メリーに首ったけ』
2『グリーンカード』
3『僕たちのアナ・バナナ』

サスペンスでハラハラ部門
1『ユージュアル・サスペクツ』
2『シックス・センス』
3『こわれゆく女』

生理的にハラハラ部門
1『野獣死すべし』
2『ファーゴ』
3『ミスト』

エンターテイメントやねー部門
1『ムーラン・ルージュ』
2『嫌われ松子の一生』
3『オースティン・パワーズ』シリーズ   

昔観てハマったなー部門
1『ミッドナイト・エクスプレス』
2『ディア・ハンター』
3『レイジング・ブル』

1回しか観てないけど超インパクト残ってる部門
1『21g』
2『いけちゃんと僕』
3『素晴らしき日』
4『恋のゆくえ 〜ファビュラスベイカーボーイズ〜』
5『ゴールデン・スランバー』
6『フラットライナーズ』
7『ハート・ロッカー』
やば!すでにベスト3ですらなくなってる!

で、SF部門は、、、ごめんなさい。良くても悪くても、色んな意味で、ほとんど好き。

『STAR WARS』は順位にも入らないくらいの別格なので、ベスト3選べません!


、、、ほらね、こんなに長くなっちゃった。
まだまだ沢山あるけど、この辺でやめないと。怒られちゃう。


ではでは、お次の方への質問です。

フレッシュリーダー藤森よ!

人生の中で、メチャメチャ興奮した出来事を教えておくれ。

まだまだ大人しいイメージのフレッシュたちも、本当は熱〜い血潮がみなぎっているんだろう?
どんなことでワクワクするの〜?

 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)