最後は勝手知ったるこの場所で

  • スタジオライフ 公式ブログ/最後は勝手知ったるこの場所で 画像1
さてさて、ススキ役の曽世海司でございます。
遂に大阪まで来てしまいましたよ!

皆で劇場に入り、あれ?慣れ親しんだ劇場のはずなのに、久しぶりのカンジ。
そんなに来てなかったっけ?前に来たのって、何の作品だったっけ?
なんて言い合ってました。

そう。シアタードラマシティはスタジオライフにとって初の大阪上陸の地であり、
何度も熱い舞台を繰り広げさせていただいている、
母の様な友のような劇場なのです。

前回は昨年3月の『11人いる!』だったんですね。
大阪にはその間何度も来させていただいていたので、
まさか1年3ヶ月もご無沙汰していたとはね。ビックリでした。

久々に帰ってきた僕らの大阪ホームグラウンドにて、
泣いても笑ってもあと2ステージとなってしまった今回の『天守物語』、
皆で思う存分暴れさせていただきますよ!
どうぞお楽しみに!!

ちなみに今回、久々に仕込みに参加してました。
若手に交じって、舞台を少しずつ作り上げてゆく。
初心を思い出したり、たくましく成長した後輩たちの姿にニヤニヤしたり。
倉庫でバラバラになっていた僕のガチ袋(工具を入れる袋ね)の中身を、
先日神野くんにかき集めて来てもらって、これまた久々にご対面できたのも、
嬉しい出来事のひとつ。

そんな訳で、思い入れたっぷりに、両チームの千秋楽を堪能したいと思います!!


最後に、ご質問にお答えして。
これ、答えてる人多いですね。
「高校の時の制服はブレザー?学ラン?」

なんと!
うちは私服でした!
県立高校で私服は珍しいらしいですね。
なので、昼休み、近くの東北大学の学食にもよく忍び込んで、
いつもと違う“大学メニュー”を食べたりしてました。
ちょっと背伸びしてるみたいな、何だかドキドキしながら。
学校さぼって美術館行くヤツもいれば、
すぐ側の広瀬川でボーッとするヤツもいれば、街にサッサと繰り出すヤツもいて、
割と自由な雰囲気でしたね。