大と小〜及川 健〜

  • スタジオライフ 公式ブログ/大と小〜及川 健〜 画像1
舞台「天守物語」で富姫を演じる私はJr3の岩崎大とダブルキャ
ストだ。私はこの人物とよく絡む。「月の子」のアートとジミー、
「OZ」のムトーとフィリシア、「Sons」のDDとトマ
ス。相手役として絡むと必然会話も増え、仲良くなる。私と大ちゃんも
そーいうワケで、普段から“だらり”と仲が良い。“だらり”というの
は、私の感じている大ちゃんの印象だ。背が高く颯爽としていそうなイ
メージとは裏腹に、稽古場までトボトボ歩いていたりと、割とスイッチ
OFF状態が多い気がする。そんな彼と接すると私も同じように“だら
り”となってしまう。
さらに彼とはWキャストとしてもよく絡む。「夏の夜の夢」の
ハーミア、「ヴァンパイア・レジェンド」のヴェルト、「黒いチュー
リップ」のローザ。我々がWキャストをやっている時の各チーム
の呼ばれ方は、まぁだいたい「大きい方…」「小さい方…」といった具
合。公演時に毎回つくチーム名を稽古場ではほぼ言われない。良くも悪
くも大と小で好対照なのだろう。今回の公演も二人してあーでもない
こーでもないと役について話し合ったり、衣裳の着替え介錯などをお互
いでやり合おうなどと話していたりする。こんな会話も以前からごく普
通に成されてきた。なんとなくその辺の処は、我々の中ですっかり阿吽
なのである。それにしても彼の衣裳は生地量にして私の衣裳の
1.5〜2倍。介錯などは私の方がより重労働な気がする。「黒
チュー」のローザのウェディングドレスへの早換え介錯の時も、大の大
きなウェディングドレスを持って楽屋を歩く私を、周囲から見ることが
出来ず「まるでウェディングドレスが歩いているよう…」などと言われ
たりした。今回もまたそのようなことがおきるのだろうなぁ。



ブログ質問箱のコーナー
さて、今回はお客様から幾つかの質問をいただいています。それにお答
えしますね。

え〜と、なになに…「天守物語でもしほかの役を演じるならどの役?」
ほほう、私がもっと男らしかったら「朱の盤」を演じてみたいかなぁ。
今の私では似合わない役だけどね。

さらに…「宇野先生とのコラボは二回目ですが、やっぱりくっきりメイ
クは大変ですか?」
ん〜、大変ではないが時間はかかるかなぁ。気分が乗っている時は濃く
なりすぎるのにも注意が必要だな。芝居の最中、相手役の絵心の有無に
も気がいってしまうこともある。私がハーミアを演っていた時の関戸ラ
イサンダーとか…。あいつの絵心の無さといったら、あーた!

お、「どうしたら及川さんのお嫁さんになれますか?」なんて質問も届
いているぞ。
なんて奇特な方。いやはやありがとうございます。
まぁ、芳樹に断りを入れればいいんじゃないかなぁ。あ、天守公演中は
荒健だね。
ん?まてよ、この答えだと「どうしたら及川さんのお婿さんになれます
か?」という質問に対する答えじゃないか…?