フレッシュお披露目会〜その4〜

〜その3〜からの続き

先輩達の大大エンターテーメントで、温まりきったステージに、
いよいよ本日のメイン「フレッシュ」が登場!

モーレツな緊張のためかロボットの様にギコチナク登場した彼らに、
会場からは温かい拍手と失笑が沸き起こりました。


まだ何もしていないのに汗をかいている者、
足が震えている者、目が真ん中によっている者…
彼らの尋常では無い緊張が、ビシビシ伝わって来る登場でした(笑)。


自己紹介では、お客様の前で始めて自分の名前を披露しました。
名前を覚えて戴きたいと必死な気持ちとは裏腹に、出てくる言葉はチンプンカンプン

「皆さんコンチハー!」ってなんだよ!!

司会の2人からは、早速言葉指導が飛び交います…汗!
飛んで火にいる夏の虫ばりに、林様・曽世様の手中に突入して行くフレッシュ達!
次のフレッシュ達への質問コーナーでは、
林様・曽世様が司会から指名もされてないのに、
会場のお客様を味方につけてのフレッシュ公開処刑(笑)!
2人のフレッシュへの容赦の無い毒矢に、
倉田さんもお客様達も首を立てに振っての大爆笑!!
拍手大喝采のうちにラストメニューへ!


ラストメニューは、新人達による新人出し物恒例ハンドベルです。
曲目は「アメイジンググレイス」だったのですが、
もう兎に角必死…必死必死のうちに演奏が終わっていた
と言うのが正直なところでしょう。
しかし乍お客様からは、とても温かい寛大な拍手を戴き、
身の引き締まる思いでした。

その5へ続く