「夏の夜の夢・十二夜」

  • スタジオライフ 公式ブログ/「夏の夜の夢・十二夜」 画像1
皆様こんにちは!!

「夏の夜の夢」・「十二夜」公演では、4ヶ月の長きに渡る温かい温かいご声援を、誠に有難うございました。

2作品3チームの稽古は、想像を超えて、クルクルパーを楽しむ事が出来ました。
船長がシーシアス公爵と叫び、イジーアスがオーシーノ公爵とひれ伏す(笑)!
特に3役をメイン處で歌あり踊ありの連中は、場当たりゲネプロで笑狂ってました。

紀伊国屋の其々の初日では、その緊張感たるや、綱ならぬ糸の上を渡る思いでした。

そんな我々を、グイグイと物語世界へと後押しして下さったのは、ご来場下さいましたお客様のモーレツなご声援でした。

今回のスタジオライフ夢街道は、あそこから始まったと言っても過言ではありません
気がつけば、紀伊国屋ホールにたくさんのお客様が駆けつけて下さっていました。
どどどどひゃーっ!!ですよ。
余りの感謝と感激で、大阪では舞台に駆け上がる階段でスッ転んでしまいました(爆笑)。

東京初日から始まった、嵐の様な勢いは大阪でも止まらず…やはり通路から駆け上がった倉本パックは頭が真っ白…台詞が出ずに笑ってばかりの3分間でした。

そして劇団創立26年目にして初の海外公演・韓国ソウルでは、言葉や文化の壁を越えて熱烈歓迎を戴く事が出来ました!
アジアのラテンと言われるソウルでは、初日でその作品の評価が決まると言われていましたが…正にその通りでした。
合計4ステージの公演が、前売りの段階で、初日の満席以外は客席が半分以上の空席でしたが…ななななんとNET社会のソウルでは評判が一晩で広がり、終わってみれば全ステージが満席になっており、千秋楽は座布団席が出る程のお客様にお越し戴く程でした。
オロロキー!!
(ライフホームページでは、ソウル公演レポート映像をアップしていま〜す。)
毎回起きるスタンデングオーベーションでも、舞台の上の役者の心臓に矢が突き刺さる様な感動を戴く事が出来ました。
劇団員達は、初の海外公演と言う事もあり、文化交流の充実に感無量を露わにしておりました。
その場に居合わせた…代表・演出・スタッフ・制作の全てが感動し、ソウルのお客様と至福の時を共有する事が出来ました。
特に16年前から海外公演を夢みて、尽力して来た代表の笑顔は忘れられません。

そして新潟公演…乗りに乗っている役者達のエネルギーは止まりません!
それを後押しして下さる様に、新潟公演実施のために大変なご尽力を戴きました新潟演劇鑑賞会・長岡市民劇場・柏崎芸術協会・新潟市役所・各大学高校・福祉施設・りゅーとぴあ劇場の皆様に大変なご声援を戴き、物語世界が持つボルテージは上がる一方でした!

そして、かめありリリオホール大千秋楽!!
またまた劇団初のかめありリリオホール、そしてツアー凱旋公演!
沢山の皆様に育てて戴いた作品を、出演者・スタッフ・制作・演出・そして劇場にお集まり戴きました満員のお客様と共に、大いなる喜びを持って感じ合えるステージになったと思います。
もう言葉に出来ない程の、狂喜乱舞でした(笑)!
凄かったなぁ!!

今回の公演を思いのままに振り返ってみたのですが、取り留めの無い物になってしまってすみません。
強行ハードスケジュール・2作品3チーム・海外公演・凱旋公演等の初物づくめの公演でしたが…やはりそこには、人がシッカリ見えてくる公演であったと思います。
そしてその方達の情熱と志向性が、作品に大きく影響を与えて下さると言う…幸せな幸せな公演になったと思っております。

その沢山の皆様に…心から感謝の気持ちを込めまして、本日は誠に有難うございました!!

追伸…来年2月のOZ公演で、また元気な皆様とお会い出来る事を楽しみにしておりま〜す!