ファントムな日々

  • スタジオライフ 公式ブログ/ファントムな日々 画像1
皆さん今日は!! 本日の担当牧島です。

さてさて、ファントムの稽古も中盤に差し掛かり、稽古場は日に日に熱を増しております。
僕は見物小屋の興行主のジャベールという役で出演します。
原作を読んでいらっしゃらない方は「見世物小屋の興行主ってどんな役?」って感じだと思いますが、あえてそこは知らない方が楽しめると思いますのでここでは触れないことにします。ふふふ。

そこで今回も個人的見どころを役者に的を絞って紹介したいと思います。
ファントムと言えばまず注目すべきは主役のエリック。
後にオペラ座の怪人となるこの人物ですが、今回は山本芳樹、林勇輔のJr.1コンビ
なんとこの二人、初のダブルキャストなんですね。
詳しいことは今回の作品が余りにも繊細過ぎてここで無責任には口にできないのですが、とにかく真逆かってくらい性格が違います。
それでいてどちらもしっかりとエリックなのが本当に面白く、演じ手によって同じ役でもここまで違うことができるのかと驚かされる毎日です。
これホントに両方観ないと勿体無いです。宣伝ぽくてなんですけど心底そう思います

また個人的に注目なのが緒方和也の初の女性役。
実はドラキュラで女性役はちょっとだけやっている彼ですが、女性役として台詞を発するのは初。
少年か、少し柔らかめの男前な演技をするイメージしかなかったのですが、これがどうしてかなり可愛い。
失礼な発言ですが意外でした(笑)。今後の彼の女優人生に要注目です!

そしてそして、ここに注目せずしてどこに?とも言える笠原浩夫、曽世海司のお二人
この二人はダブルキャストなんですが、一方のチームでは若き医師、もう一方では老年期の石工職人と全く毛色の違う二つの役を一つの作品で演じています。
曽世さんが若者と老人で全く違う声で演じているのに対して笠原さんは全く声を変えずに両方の役を演じ分けています。
どちらも同じ役者とは思えない程のスイッチの切り替え。
身内ながら「マジすげえ…」と溜め息が出ます。皆様も溜め息を洩らすがよい!!

とまあ語り出したらキリがないのですが、百聞は一見に如かずと申します。
是非ぜひ劇場で、皆様の目と、耳と、五感の全てでお確かめ下さい。

劇場でお会いできること、楽しみにしております!!!