僕の神様

  • YUKA 公式ブログ/僕の神様 画像1
  • YUKA 公式ブログ/僕の神様 画像2
こンばンW@$SUP



今日はちょっとシリアスなお話をしたいと思います



先月、またもスマトラ沖で大規模な地震が発生しました。

5年前に起きたときは226,566人という多くの方々が犠牲になりました。

津波も最大で34メートルという高さだったそうですから

その恐ろしさは想像できないほどです。。


そして、それ以降も2005年、2007年と立て続けに大きな地震が続いていて

そこに来てまた今年も起きてしまいました・・・



今年は死者と行方不明者を含めて千人を超えたという発表がありました

さらに、雨が降り続くことで土砂被害とか二次災害も心配されていて

救援活動もうまく行ってないというのが現状のようなんです。




今から4〜5年前かな


レゲエアーティストの風(ふう)さんが作った楽曲

「僕の神様」

この曲は、家族旅行で現地に訪れていたある日本人家族のことを歌っているんです。


サビだけ抜粋して歌詞を紹介しますね




僕のパパ、ママbrotherが見つからない
dead or aliveさえもわからない
何がなんだか理解できない
立ち尽くすだけのday and night
うつむいたまま口を結び
涙も枯れ果てた、瞳
悲しみ握りつぶす拳
僕の神様はどこに



この「僕の神様」が、今回のスマトラ沖地震の被災者への復興を支援するために

「レゲエザイオンフル」という携帯サイトで募金活動として配信されることになったんだって



地震や津波なんて、誰かがわざとやったことじゃないから

その怒りや悲しみをどこにぶつけていいのか分からないだろうし


これほどまで連続して地震が発生しているってことは

今後も起きないとは限らないんだから

現地に住まれている方々はかなり不安な気持ちで

毎日を送っていかなければならない・・・



そんな被災者の方々に対して、少しでも力になることはできないのか



このチャリティーはそういう意味で、とても意義のあることだとYUKAは思っています




同じ音楽家として、人種や国境を越えて人を救う手助けができる


私もそんなアーティストになりたい。



きれいごとに聞こえるかもしれないけど、

何もしないより

最初の一歩を踏み出したい。




いつ、どこで、何が起きるか分からない世の中。


次に被害に遭うのはもしかしたら自分かもしれないという恐怖。


こればっかりはがんばってどうなるものでもないよね




だけど、実際に地球のどこかで大災害が起きたとき


地球上のみんながお互いに助け合える


そんな社会になってくれたらいいなって


YUKAは思います。




それは、災害じゃなくても

普段の生活の中で身近に感じる

困っている人がいたら助けたい

そういう気持ち。



だから私は「音楽」を通じて

聞いてくれる皆さんに少しでもそういうメッセージを届けていけるような、


そんなアーティストでいたい。




「僕の神様」はとても素晴らしい曲なので

是非聞いてもらいたいです




世界は1つ。



LoVe aNd PeAcE





まーる