BEYONCE“I AM…“WORLD TOUR 2009

  • YUKA 公式ブログ/BEYONCE“I AM…“WORLD TOUR 2009 画像1
瞬く光中、シルエットで登場したBEYONCE












ステージがHALOな感じでまばゆい











「CRAZY IN LOVE」で一気にテンションMAX






おっおっ おっお




この曲は高校生の時何度もイベントで踊った思い出いっぱいの曲だよ









数えきれないくらいの曲を披露してくたけど、一番感動したのは、











「LISTEN」







映画「DREAM GIRLS」で使われてた曲








LIVEならでわのアレンジで転調したときなんて鳥肌ヴァーってなりました








「アヴェ・マリア」も鳥肌だったな





あと、オバマ大統領の就任式で歌った曲もパワフルで壮大だった









そして一番最後は、最近亡くなったMichael Jacksonを偲んでの一曲





マイケルの写真をバックにひざまづきながら歌うBEYONCEに、アーティストとしての強い思いが伝わってきました













何度も「TOKYO〜」ってMCで言ってたけど厳密には「SAITAMA〜」なのにな〜って思ったり(笑)

















衣装はやっぱりキラキラのレオタードみたいなやつ












BEYONCE独特のウォーキングが映えるキラキラ


















歌もDANCEもトークも表情もすべてがエンターテイメントで、その感動ったらもう












「デスチャの頃はよかったけど、最近のBEYONCEの曲はイマイチだよね・・・」








ビヨンセの話を友達とかとするとき、よくこういう話になることがあるんだけど







YUKAはねー、








デスチャの頃はもちろん大好き







そして今のビヨンセも大好きだーーーー










R&Bの世界でトップを極めた彼女が、今は音楽全体含めた中で頂上に立っている







そのプレッシャーとか、ロールモデルとしての責任感は、デスチャ時代のものとはまた全然違う次元のものだと思うし










建物から一歩出ればパパラッチされるこんなご時世に







しかも、華やかな見た目の裏側は真っ黒だったりするエンターテイメントの世界において








メディアやファンの前では決しておごらず、どんなときでも笑顔で







最高のパフォーマンスでそこにいる全ての人をHAPPYにしてくれるDIVA












「MTV Video Music Awards 2009」のときも、カニエ・ウェストが、「最優秀女性アーティスト・ビデオ賞」でテイラー・スウィフトが受賞したのにステージに上がって








「ごめんよ、だけどビヨンセのビデオは史上最高レベルだった」





なんて文句を言って問題になってたけど









ビヨンセは受賞を逃したのに大人の対応で








テイラー・スウィストをステージに呼び込んで、








スピーチをしなおしてもらったなんていう深イイエピソードも
















パパの不倫なんかに負けるなビヨンセ





ビヨンセ(というかデスチャ)がここまで大きくなったのは確かにパパの力がかなりあっとは思う。








思うけど・・・











不倫はよくないっヽ( )`ε´( )ノ












YUKAはそう思いますね、ハイ













JAY-Zとも仲良くね



(とかいって別に2人とも知り合いじゃないですけど・・・






















帰り道、駅ナカのカレー屋さんでさくっと夕飯食べちゃった
















素敵な一日をありがとうBEYONCE















さーて

明日からまた1週間が始まりますね(^ε^)








皆さんはこの週末楽しめましたか


それとものんびり過ごしたのかな









来週からは振り付けのリハとか








雑誌のインタビューとか











衣装考えたりとか



etc...


(カードではないよ
(笑))








がんばるぞー






h0LLa







まーる