3.11



こんばんは、彦太です。


今日で震災から1年が経ちました。
普段考えてもいなかったことが起き一瞬で物の見方が180度かわりました。
日本にとって忘れられない日、忘れてはいけない日。僕自身は津波、地震を体感していません。しかし、これから先ずっとこの出来事を語り継ぎ教訓として活かすことが自分にできることでありするべきことだと思っています。


そして、日に日に強くなったのが、この仕事をしている限り皆さんの感情、心に寄り添える表現者になりたいという想いです。

僕にできること皆さんができること一人一人違うと思います。手をとって一緒に前を向き進みましょう。

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。1日も早く春が訪れますように。

彦太