ShunKan☆山形

特別企画

ShunKanにインタビュー

彦太 編

問う男(以下、問)「(ICレコーダーの準備)」

彦太(以下、彦)「…?録音するんですか?」

問「そうですよ。後でまとめて、有ること無いこと付け足してブログに載せますから

彦「…(汗)無いこと付け足すのはやめましょうよ」

問「ShunKanに入ろうとしたのは何故?」

彦「はい、俳優ユニットって聞いて演劇に興味があったので、関西から東京を脅(おびや)かす存在になりたいなと思ってですね」

問「これは聞いていいのでしょうか。なんで苗字がないの?」

彦「深い意味はないんですけど、やっぱり覚えて頂きやすくってのがあって…」

問「なるべく短めに、と」

彦「はい。ゲンタのゲンの字が彦(ひこ)っていう字で中々読める方が少ないと思うんですよ」

問「ひこ太ひこ太って言われるでしょう」

彦「そうそう、絶対言われるんですけど、ひこ太ではないです(笑)まあインパクトあるかなっと思いまして彦太(ゲンタ)にしました」

問「バーテンダーをされてるそうですが、カクテルのレパートリーは?」

彦「レパートリーですか?数えたことないけど…100以上は作る…200ぐらい??」

問「へえ〜、そんなに?」

彦「カクテルの種類もジュースを足すだけで名前が変わるんで…まあ100以上はありますね」

問「んじゃShunKanってカクテルとかは?」

彦「以前ブログにも載せたんですよね(笑)」

問「あれはオリジナル?」

彦「オリジナルです。完全に」

問「美味しいの?」

彦「…まあ、ぼちぼち。これからどんどん僕達の味がついていくんじゃないかなって思うんですよ」

問「格好いいこと言いますね。ここはカットします(嘘)」

彦「…(汗)」

問「ShunKanに入って変わったことは?髪の色?」

彦「そうですね。入ったばかりの頃は金髪だったんで(現在は黒髪)そこは大きく変わったかな…まあ、そういうことじゃないと思うんですけど」

問「(笑)」

彦「やっぱり今までは(芸能界が)遠い世界っていうのがあったんですけど、今は意識するようになって、自分達も見せる立場にいることを自覚するようになりました」

問「今後のShunKanについて」

彦「まだまだ未熟で僕自身もやることは沢山あって皆もそうだと思うんですけど、仲が良いことが僕らの魅力の一つでもあると思うんで、一致団結して、楽しく、でもプロ意識を持って上を目指していきたいと思います。まずは関西でお客さんが沢山集まって頂けるように頑張ります」

問「最後にShunKanの中で一番仲良しは?あと敵(かたき)役は?」

彦「みんな仲は良いですよ!敵役?(笑)」

問「ライバルとか」

彦「同い年の(橋本)竜司は良い意味で刺激になると思います」

問「(橋本竜司と)同じこと言ってますね(笑)」

橋本竜司「ホンマに面白いくらい俺と同じこと言ってるで!(爆笑)」

彦「そうなんや(照)あと(上垣)克也君は年上ってこともあり、色々と見習うことがありますね。うん、みんな仲良いですよ!」

問「有り難うございました」

 
  • コメント(全2件)
  • ‡∽ピンクちゃん♪o(^-^)o♪多忙です∽‡ 
    4/20 10:20

     ぉはょぅござぃま


    彦太編


    マジで〜ひこ太って読んじゃぃますねー


    バーテンダーカックイィじゃん


    今日も1日頑張って下さいねっ

  • アリス 
    4/20 11:08

    アタシも ひこたクンだと思ってました
    ごめんなさい

    新しいオリジナルカクテル載せて下さい

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)