こわい話

肩を叩けば違う人

僕です。

昨日は13日の(金)って事で、
ラジオでやたらとこわい話を聞きました。

色々な話があったなかで、
記憶に強烈に残ったのが「青い家」のお話。
無人の家の中から「声」がする。

怖かったですよ〜。

話をしてる人は淡々と出来事を話しているだけなんですが、
聞きたくないけど、興味深く聞いてしまう。
「無理〜っ」って思ってるのに続きが気になるあのドキドキ心理状態。

こわい話が人に与える影響力や心理状態の変化に、改めてこわい話の魅力を感じました。