元気ですかーっ!

風邪ひいてませんか♪
7月7日は恒例新宿花園神社七夕ライブ。
始まる前は霧雨だったのに、
始まったとたんにどっっしゃ降りのざんざん降り。
ライブが終わるとけろりと晴れて。
いやあさすがに上々颱風、今度から「さんしゃいん颱風」と
名前を変えますわ。すみません。
おいでくださいました皆々様方生きてますかー。
お互い滝行のようでしたなあ。
愛してますわ。どうもありがとうございました。
修行に来られなかった皆々様方も
今度は9月に横浜でほろ酔いでお待ちしています。

人恋しい季節・・・

暑中お見舞い申し上げたと思ったら、冬がくるではあ〜りませんか。

人恋しい季節ですわ、

こんなときは熱燗かな、肴はあぶったイカでいいかな、

わいわいやるのがいいかな、

わいわいといえばライブかな〜 ♪

あら、皆さん私のソロライブがやってまいりま〜す。

今年はいろんな事を考える、感じる年になりました…。

元気に歌いたい、笑って歌をお届けしたい。

皆さんに会いたい、元気をまわして、元気のあるやつから

力出して行こ〜う

♪ 皆様の人生にファンファーレを!

青山でお待ちしています。

あら暑中お見舞いの次は宣伝かいっ。

http://www.shangshang.jp/shang.html

暑中お見舞い申し上げます。

呑んでますか〜っ。私は呑んでます。日々是のんでだんけ人生。
ふと考えた。街で呑んだくれのおじいさんはよく見かけるが
呑んだくれのおばあさんは見たことない。
私が呑み進んでめでたくおばあさんになった暁にはさて、
呑んだくればばあになっているものだらうか…。
「こんにゃろおめなぬすたって〜」
と隣の客の首を絞めたりしながらくだをまく
酔っぱらいのおばあさんになっているものだらうか…。
楽しみだな、と。
さあ暑気払い暑気払い♪皆さんぱあ〜っとまいりましょう!

お久しぶりです

長い間お休みしててごめんなさい。元気してましたが?

上々颱風は6月11日12日と山形県酒田市民会館、宮城県登米町・

森舞台と行ってまいりました。酒田はオラの地元です。

地元でライブは恥ずかしいんですう。客席は親兄弟親戚同級生

先生近所のおばちゃん…、どこを見ても知ってる顔…。

楽屋にはお花、わらび、地元のお菓子、孟宗汁にごま豆腐に

おばちゃんが朝から作った草餅…うれし泣き笑い…。

歌ってると「しらさぎ〜」と声がかかる(苗字までなまっている。

私はよそではエミちゃ〜んと呼ばれているのっ)地元ならではの

うれしちゃ恥ずがしちゃライブだったのでした。んでも、まんず

みんな喜んでくっでいがったです〜。ありがどございました。

そして次の日は宮城県登米・森舞台。

以前ブログにも書きましたが、20年前に上々颱風は登米に

おじゃましました。北上川の土手ライブに6000人の人口の町の

4000人が集まってくれました。そして去年、19年ぶりに訪れて

地元の伝統芸能の能の舞台でライブをやらせていただきました。

半分屋内半分野外、目には緑のさざめき耳にはうぐいすの声、

すばらしい場所です。19年の時の流れを経て上々颱風の歌を

待っていてくれました。私たちを待っていてくれる方々がいて

本当に嬉しかった。

そして地震のあとブログに登米からメールをもらいました。

「登米のみんな上々颱風の音楽聞けてうれしかった。今、登米には

隣の南三陸町からたくさんの方々が避難してらっしゃいます。

上々の歌を聞かせてあげられたらなあ…」

そして12日、森舞台ライブが実現できました。

登米も津波の被害こそないものの身内の方々が南三陸町で

亡くなられたり、家を流されたり、大変な思いをされている方々が

大勢いらっしゃいます。私たちはどう歌えばいいんだろ、

なにをお話すればいいのか…。俊巡しました。

がみんな手を叩いて待っていてくれました。歌を言葉をあたたかく

うれしそうに受け止めてくれました。なんだか無我夢中に歌い

あっという間のライブでした。終わってお客様一人一人が

「ありがとうありがとう」「うれしかったありがとう」

一人の方は「楽しかった。ありがとう」笑顔で言われた瞬間に涙を流し

「私、ここまで浸かったのよ、水に」私の手を握りながら言われた。

私は手に力を込めるしかできなかった。

南三陸町の町の跡を見せてもらった。息を飲んでしまった。

親も兄弟親戚同級生先生近所のおばちゃんも家も車も花も心も

なにもかも流されてしまっていた。

忘れない。忘れてはいけない。

元気で命もある私は忘れないでこれから行かなければ。と思う。

今回上々に来て欲しいと思ってくれてありがとう。

聞きに来てくださった方々、力を貸してくださったみなさま、

どうもありがとうございました。 笑顔の時間、楽しいなと思える時間が

少しでも増えていきますようにと。祈りながら…

ありがど

こんな毎日の中、にぎわい座に来て下さった皆様
ありがとうございました。
優しい言葉や愛や勇気の言葉が世の中溢れ出していて、
本当に本当?なら歌は?
心が揺れたり迷ったりしましたが、本当に本当だったのは
皆さんに会えた瞬間に力と喜びが溢れたということでした。
皆さんがいなければ誰に歌を歌うのだ。
そしてたくさんの募金をありがとうございました。
いつでも誰かが きっとそばにいる
思い出しておくれ すてきなその名を
歌を持って皆様に会いに行ける日を信じています。
今みんなに「いつでも誰かが」を歌って下さい
と言ってくれた邦丸さん、
阿国で一緒だった女優の大和田美帆さん、
たくさんの皆様ありがとう
♪ 歌が、いつもそばにいられることを夢みてる。