思いだせん

こんにちは

白石やで



小学生の頃に国語の教科書に載ってた話しって結構いい話し多いでしょ



あの頃は、いまいち理解できなかった話も今なら理解できておもしろい


って思うことも多いよね




んでだ


この前、「スーホの白い馬」をチラッと見かけたんだが



これってめちゃめちゃ切ない話だったのは、覚えてるんだが


うん

いまいち内容が出てこなーい




うう

読みたいのです



みなさま知ってます

スーホの白い馬



絵本って短くて深いし凄いわ



ほなほな、またな


 
  • コメント(全11件)
  • 今までありがとう 
    5/31 12:38

    小学校の時の教科書、残ってるか〜、探してみなきゃ〜(*^^*)
    娘っちが帰って来たら〜、聞いてみるねぇ〜♪
  • aiji 
    5/31 12:55

    私も題名だけで記憶にありません


    現在6年生の娘は6年間毎日国語教科書を音読してるけど…載ってないな


    ユウマ
    是非見つけて読んで、あらすじと読書感想文を求む

    宿題で〜す(笑)

  • はる  
    5/31 13:16


    らないです



    かなり前だから、ほとんど覚えてないです(笑)


    今と昔では、かなり教科書


    変わってますね
  • シフォン  
    5/31 13:37

    忘れちゃった(>_<)
  • さ〜*招待メール無視シテクダサイ* 
    5/31 13:45

    確か…

    ひとりの青年(スーホ)が、大切にしていた馬を競走の大会に出したところ、王様(?)に気に入られ、差し出すように言われた。
    青年は断ったが、無理矢理奪われる。
    王様から馬が逃げ出し、青年のもとに。しかし、弱った馬は死んでしまう
    悲しむ青年の夢に馬があらわれ、『自分の骨で楽器をつくり、奏でてほしい。そうすればいつまでも一緒にいられるから……』と青年に頼む
    青年は願いを聞き入れ、楽器を作る。


    ……こんな話だったような
    ちなみに楽器の名前は確か、馬頭琴?だったような……。
    間違えていたらすみません

  • ケンシロウ 
    5/31 14:10

    馬頭琴ですね☆彡 覚える(笑) スイミーも(笑) こわ
  • ちぃ【暫くお休み。いつかきます 】 
    5/31 17:09

    知ってるよ〜
    単に言えばスーホの大好きな白い馬が王様に狙われて殺されちゃうんだけど馬頭琴になってスーホのそばに一生いるみたいな感じだったよね
    私の小学校にモンゴルから馬頭琴奏者が来たから覚えてる

  • ☆じぇじぇ☆ 
    5/31 18:44

    馬の革で作った楽器になった話ですね。
    悲しい
    が…それは教科書用で、原作は違うんですよ。
    途中まで同じですが、馬は死んでいません。
    スーホーと暮らしてます。
    王様から馬と引き換えに無理矢理渡された銀貨で高い塗り薬と黒い塗料と白い馬の革を市場で買っていた。
    帰ってきた傷だらけの白い馬を、高い薬で治し、黒い塗料を塗ってわからないようにした。
    楽器は市場で購入した革で作り、飼っている馬の革で作ってないんです。
    カモフラージュ。
    そして王様は国民に避難され…王様は寂しく死に、娘は偶然スーホーと出会い結婚。
    お互い過去を知らない。
    読んでみると面白いです


  • メイプルソルト☆放置ごめん 
    5/31 21:02

    ホースの白い
    ?でも年代違うから教科書も違うよね(笑)
  • ハル。 
    5/31 22:51


    ありました、スーホの白い馬。
    息子の教科書にも登場していましたよ。



  • くりちゃん♪どんな苦難も断じて負けないで 
    5/31 23:02


    年代違うからなぁ(^。^;)

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)